ここから本文です

山崎育三郎、映画「キャッツ」吹き替えに「自分のできるすべてをぶつけた」

1/23(木) 14:31配信

ステージナタリー

映画「キャッツ」のジャパンプレミアが、昨日1月22日に東京・六本木ヒルズアリーナで行われた。

【写真】「キャッツ」ジャパンプレミアより、前列左から山崎育三郎、トム・フーパー、フランチェスカ・ヘイワード、葵わかな、大竹しのぶ、デブラ・ヘイワード。後列左から大貫勇輔、高橋あず美、秋山竜次(ロバート)、蔦谷好位置。(メディアギャラリー他5件)

ジャパンプレミアには、監督のトム・フーパー、主演のフランチェスカ・ヘイワード、プロデューサーのデブラ・ヘイワード、日本語吹替版キャストの葵わかな、山崎育三郎、高橋あず美、秋山竜次(ロバート)、大貫勇輔、大竹しのぶ、日本語吹替版音楽プロデューサーの蔦谷好位置が出席した。

フーパーは「吹替版『キャッツ』は素晴らしいキャストによる力作です。ありがとうございます」と日本語で挨拶し、「ミュージカル『キャッツ』との出会いは8歳。映画化するのが夢でした。ぜひ映画館で観てほしい」と観客に呼びかける。主人公の白猫・ヴィクトリアの日本語吹替を務めた葵は「ミュージカルとして根強い人気のある作品ですが、映画化することにびっくりしました。声だけでも参加できてうれしかったですし、日本のお客さんに観ていただくことで、伝わるものがあるのでは」と思いを述べた。

猫たちのリーダー・マンカストラップの声を担当した山崎は本作を「日本でも愛されているミュージカル」と表現しつつ、「僕の大好きなフーパー監督の作品に携われることに興奮しています。頭にバンドでマイクを仕込み、身体を動かしながら、キャストと同じ気持ちで吹き替えました。ミュージカルの世界で育ってきた、自分のできるすべてをぶつけています」と気合い十分な様子を見せた。

最終更新:1/23(木) 14:31
ステージナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ