ここから本文です

野党、自民にやじの事実確認要求 「だったら結婚しなくていい」

1/23(木) 12:30配信

共同通信

 立憲民主、国民民主両党は23日、選択的夫婦別姓導入を訴えた野党の衆院代表質問に自民党議員が「だったら結婚しなくていい」とのやじを飛ばしたとされる問題について、衆院議院運営委員会理事会で自民に事実関係の確認を求めた。自民側は持ち帰った。

 高木毅議運委員長(自民党)によると、野党側は理事会で自民党の杉田水脈衆院議員を名指しして「多くの女性が不快な思いをした」と批判。本人の発言かどうかと、撤回・謝罪の意思の有無を尋ねるよう要求した。自民側は「確認していない」と述べるにとどめた。

最終更新:1/23(木) 12:49
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事