ここから本文です

五輪イヤー始まる 国内外から人気が高い「メイドコス」は、 “かわいさとセクシーさ”を両立

1/23(木) 6:30配信

オリコン

 五輪イヤーとなる2020年。今年最初の週末は、池袋サンシャインシティでコスプレイベント『acosta! @池袋サンシャインシティ』(以下『acosta!』)が開催された。新年一発目の催しとあり、美人レイヤーたちがそれぞれ気合いの入ったスタイリングで観客を魅了した。

【写真】爆弾ボディをおしげもなく… コスプレ美女たちの大胆衣装にドキッ

 日本を代表するコスプレイベントに成長した『acosta!』で、特に目立っていたのがメイドをモチーフとしたコスプレ。人気のコスプレジャンルとして支持が高く、『Re:ゼロから始める異世界生活』(以下『リゼロ』)のヒットで多くのレイヤーが挑戦するようになった。

 双子の妹であり、水色の髪色が特徴であるレムのコスプレで参加していたのが、レイヤーの猫田まるさん。コスプレ歴5年の彼女がコスプレを始めたきっかけは、伯父から『ラブライブ!』のDVDを借りてハマったこと。『acosta!』にはよく参加していて、その魅力は「たくさんの人に撮ってもらえるのも嬉しいし、好きな作品、キャラのコスプレをしたレイヤーと仲良くなれるのも大きい」ことだと熱心に語った。レムらしさを出しながら、バニー風コスプレでかわいさとセクシーさを両立させた、透明感のあるスタイリングが特長。「片目が隠れるキャラだけど、今日みたいな風が強い日だと髪型がめくれてしまって。だから、隠れている方の目が露出しても大丈夫なように、ちゃんと両目をメイクしています」と気合の入ったメイクをアピール。次にコスプレしてみたいのは話題の漫画『鬼滅の刃』に登場する栗花落カナヲだそう。

 オリジナルのメイド姿で参加していたのが、レイヤーのゆいまるさん。昔からコスプレに興味があったという彼女は、先輩に勧められたことで1年半前にコスプレデビュー。「気軽に参加できる点と、レイヤー&カメラマンさんとの交流が広がる場、それが『acosta!』の魅力です」と“acosta!愛”をアピール。今日のコスプレは、全体的にホワっとした柔らかいイメージでまとめたそうで、「こだわりは、ウィッグにマニキュアのラメを付けて、キラキラさせたところかな」とほほ笑んだ。今後は男装にもチャレンジしてみたいと話してくれた。

最終更新:1/29(水) 13:55
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ