ここから本文です

〈芸能プロダクション2020年イチ押し新人〉タイムリーオフィス・大城ベイリ「夢は多様性のあるミュージカル俳優」

1/23(木) 18:30配信

デビュー

 雑誌の創刊から今年37周年を迎えるオーディションメディアのパイオニア『デビュー』は、毎冬恒例の大型オーディション企画『冬の特別オーディション2020』を開催中。同企画では芸能プロダクション123社の新人募集情報を一挙掲載しているが、2020年の始まりに合わせて、各社が今年プッシュしていく『イチ押し新人』をチェック。本人および担当マネージャー・スタッフの取材とともにクローズアップする。今回はタイムリーオフィス所属・大城ベイリを紹介。

【写真】タイムリーオフィス所属:小堺翔太

■タイムリーオフィス所属:大城ベイリ

――デビューのきっかけは?

「ミュージカル舞台や、ドラマ、映画など多くの場で活躍されている城田優さんの様な俳優になりたいと思い、オーディションを受けました」

――芸能界に憧れたきっかけは?

「高校の合唱部にて開かれた、定期演奏会のミュージカルで主役をやった事がきっかけですね。もともと観ているのは好きだったけど、これを機に一つの作品の一部として誰かに届ける喜びを知って、もう虜です」

――芸能のお仕事の魅力や楽しさ、大変だと思うことは?

「作品の中で1人の登場人物として生きる事も楽しいのですし、そこで周りの役者さん達と交流して生まれる物を体感するのがとても楽しいです。また、お芝居には良し悪しはあっても正解は無いと思っているので、良いものを見つけては課題が出てきていたちごっこ状態で大変です」

――今後の夢、目標を教えてください。

「夢は多様性のあるミュージカル俳優。その夢の為にも多くの現場で多くの経験と発見をしたいです」

◆担当マネージャー・スタッフからのイチ押しポイント◆

「大城ベイリは、器がまだ見えていません。歌が上手い、人柄がいいなどはさておいて、どこまで覚醒するかワクワクする逸材です。どうか、見守ってやって下さい」

●大城ベイリ(おおき・べいり) 
1998年 7月4日生まれ、埼玉県出身。
【主な出演作】
朗読劇「ホワイト・ストーリーズ」(2019 年)、サンリオピューロランド「MEMORY BOYS~想い出を売る店~」 チームフォルテ ルバート役 (2019 年)、自主公演舞台 DUAL PINE ENTERTAINMENT『不器用なシアワセ』(2018年)

◆タイムリーオフィス『冬の特別オーディション』で新人を募集中。
 デビューが、新人発掘に積極的な123社の芸能プロダクションをセレクト。審査・合格後の際の費用は一切不要。さらにこの募集を通じて合格・所属となった場合は、デビューが活動を応援していく。『冬の特別オーディション2020』はオーディション情報サイト「デビュー/Deview」でエントリー受付中。

最終更新:1/23(木) 18:30
デビュー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ