ここから本文です

欅坂46“即日卒業”の鈴本美愉が4ヶ月ぶりブログで胸中「中途半端が許せなかった」

1/23(木) 23:44配信

オリコン

 欅坂46を即日卒業することが発表された鈴本美愉(22)が23日、4ヶ月ぶりにブログを更新し、ファンに卒業を報告した。

【貴重写真】欅坂46お披露目会見でセンターを務めた平手友梨奈&鈴本美愉

 グループの活動から離れていた鈴本は「ここ数ヶ月ご心配とご迷惑をおかけしてしまい申し訳ありません」とお詫びしたうえで「私は欅坂としてパフォーマンスをする事が大好きです。欅の曲も大好きで、たくさんの影響を受けました。でも心と身体がだんだん追いつかなくなり、パフォーマンスに熱が入りきらず、その気持ちを無視する事が出来ませんでした」と胸中を吐露。

 続けて「中途半端な気持ちでパフォーマンスをすることが許せなかったです。一時的な感情かなとも思いましたが、気持ちは変わらなかったです。自分が曲を伝える立場にいるのはもう違う。と思い、欅坂46を卒業することに決めました」と経緯を説明した。

 卒業を決めるまでの間「メンバーにもスタッフさんにもファンの皆様にも申し訳ない気持ちと、罪悪感でいっぱいでアイドルとして足りないことが多すぎて自分の中でずっと葛藤していました」と苦悩を告白。「人に想いを伝えることが苦手で、言葉足らずでいつもファンのみなさんを不安にさせてしまいました。ごめんなさい」「突然のお知らせになってしまいすみません。ファンの皆さんには申し訳ない気持ちでいっぱいです」とお詫びを重ねたが、最後は「欅坂46として活動していた時間はとても幸せでした」と締めくくった。

 鈴本はこの日をもって即日卒業。今後については「落ち着いてゆっくり考えていこうと思っています。どこかでまたお会いできたら嬉しいな、なんて」と芸能活動継続も示唆した。

 鈴本は2015年8月21日に1期生オーディションに合格。当日に行われた会見では平手友梨奈とともに最前列センターで報道陣の質問に受け答えし、デビューシングル「サイレントマジョリティー」ではセンター平手の脇を固めるなど、初期から重要なポジションを任され、得意のダンスでも中心的な役割も担った。

最終更新:1/27(月) 11:55
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ