ここから本文です

日本で台湾・ハワイブームが一向に衰えないほっこりする理由

1/23(木) 7:30配信

アーバン ライフ メトロ

日本と台湾は生活意識が近い

 わが国では絶えず、どこかの国のブームが訪れています。2019年のブームは、なんといっても台湾でした。空前のブームとなったタピオカミルクティー。街なかや商業施設に次々とティーサロンやティースタンドが出店。都心ではそろそろ店舗の供給過多とも言われていますが、チーズフォーム(ホイップ状にされたクリームチーズ)を乗せたチーズティーも登場し、いまだブームの衰えを知りません。

【画像】台湾行くなら絶対食べたい台湾グルメ10選

 さらに豆花(トウファ。豆乳を固めたもので、シロップをかけてピーナツや小豆などのトッピングを乗せて食べるスイーツ)も人気が出てきており、台湾の人気老舗スイーツ店「騒豆花」など、都内にいくつも専門店が出店しました。

 健康志向を始めとして、日本は台湾と生活意識が近いこともあり、文化が受け入れやすいこともあるでしょう。タピオカミルクティーのブームも抹茶・ほうじ茶に飛び火しており、多様なティーサロンが生まれ、国内で新たな「お茶文化」を形成しつつあります。

 また2019年のブームを象徴するトピックスは、台湾発セレクトショップ「誠品生活」の日本上陸です。コレド室町テラス(中央区日本橋室町)内の「誠品生活 日本橋」は「Books,and Everything in Between.」をコンセプトに、書店を核としてガラス工房などのワークショップやクッキングスタジオ併設のグローサリーストアを併設する体験型店舗で、日本の「蔦屋書店」のモデルとも言われています。上陸とともに、日本人観光客に人気のある現地有名店も引き連れてきました。

台湾政府おすすめレストランも上陸

 また同じくコレド室町テラスには「富錦樹台菜香檳(フージンツリー)」が出店。同店は2018年に台湾政府が勧める「必ず食べるべきグルメ10選」に選ばれるなど、台湾を代表するレストランのひとつ。洗練された台湾料理をシャンパンとともにスタイリッシュに楽しめます。

「水蓮菜と木の実の炒め」や「豚バラ肉の角煮 ナツメとハイビスカスソース」、「花ニラとピータン 豚挽肉のピリ辛炒め」など新鮮な野菜やフルーツをふんだんに取り入れヘルシーに仕上げたメニューが特徴です。

 そのほかにも台湾茶ティーサロン「王徳傳(ワンダーチュアン)」、台湾スイーツ「郭元益(グォユェンイー)」などが出店しました。

1/3ページ

最終更新:1/23(木) 13:47
アーバン ライフ メトロ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事