ここから本文です

海浜幕張駅前に屋台横丁が出現!提灯の明かりに誘われ仲間と乾杯♪ 千葉市美浜区

1/23(木) 12:41配信

ちばとぴ!ニュース

幕張メッセが主催する幕張新都心のイルミネーション2019/2020も、そろそろ終盤。

残りわずかな冬の夜を盛り上げようと「幕張新都心屋台横丁」が21日、JR京葉線の海浜幕張駅前で始まりました。(ちばとぴ!グルメ部)

◆駅の南側に、キラッキラなイルミネーション☆彡

改札口を出て、南口から降りていくと…なんせ、キレイです!

テーマは「光と鏡のアートイリュージョン」。

音楽と連動してミラーボールがきらめき、足元にも光が踊る美しさは、まさにアートです。

この段階ですっかり心が満たされてしまいそうですが、今夜の目的は屋台横丁!

夕闇に包まれたプレナ幕張と三井アウトレットモールの間には、すでにちょうちんの明かりがともり始めています。

◆北風が吹き付けるほどに、心はおでんを求めて…

近代的な新都心の街並みに、あえてのレトロな屋台とちょうちん。

その新鮮な眺めに、会社帰りのサラリーマンや家族連れなどが次々に来店していきます。

屋台のラインナップはおでん、焼き鳥、串カツ、もつ煮、鉄板焼きなど10店舗。

和洋とりまぜて、地元幕張地域の飲食店をはじめとした出店に、ふらっと気軽に立ち寄れる懐かしい雰囲気が何よりのごちそうです!

この日は風が強く、日没とともに冷え込みもいっそう厳しくなり、グルメ部員FとKは「おでん食べたい!」と声を合わせて歩みを進めたのでした。

◆洋風メニューも充実の屋台メシに舌鼓

1軒目は西千葉の「Cafe&Dinning Sorriso(ソッリーゾ)」。

トマトベースのイタリアンおでんが、目の前でいい感じに煮込まれているじゃありませんか。

赤&白ワインで、3種盛りをいただきました!

大根、ソーセージ、ベーコン、牛すじ、トマト…五臓六腑に染み渡りまくりです。

あったまる~~~~!

洋風おでん、かなりイケてます。

これはおうちでも晩ご飯にしてみたい!

続いては「evita(エ・ビータ)」で焼き海老と煮込みハンバーグ。

洋風メニューが続きますが、お酒は安定のハイボールで乾杯♪

焼きたてアツアツの海老と、柔らか~いハンバーグが、それぞれ絶妙なおいしさ。

1/2ページ

最終更新:1/23(木) 12:41
ちばとぴ!ニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事