ここから本文です

センター試験2020神戸大学経済A判定は332点 大学入試センター平均点最終集計2月6日発表

1/23(木) 10:43配信

福井新聞ONLINE

 2020年大学入試センター試験について、大手予備校河合塾がまとめた国公立大学のボーダーラインによると、神戸大学の経済学部経済学科(総合)のA判定は332点(400点満点)、経営学部経営学科のA判定は315点(375点満点)だった。大学入試センターは平均点の最終集計を2月6日に発表する。

 金沢大学は、法L方式と法M方式のA判定がともに732点(950点満点)、経済が741点(同)だった。

 富山大学のA判定は、前期で経済学部の経済学科が630点(900点満点)、経営学科が621点(同)、経営法学科が639点(同)だった。

 1月22日、センター・リサーチ参加者の自己採点などから、ボーダーラインを公開した。

最終更新:2/4(火) 22:40
福井新聞ONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ