ここから本文です

“フカヒレ溢れる春巻き”に「食楽」編集長も思わずニンマリ!

1/23(木) 6:35配信

食べログマガジン

〈2019 食通が惚れた店〉

平成から令和へと元号が変わった2019年。外食シーンにおいても、新しい時代の幕開けを感じさせる飲食店や、グルメにまつわるトピックスが盛りだくさん。

そこで、グルメ情報を熟知した方々に、2019年に最も感動したお店について教えてもらいました。「2019年のNo.1」「2,000円以下のプチプラグルメ」「2020年の注目店」をそれぞれご紹介します。

今回は、徳間書店の季刊誌「食楽」編集長の大西健俊さんにお答えいただきました。

教えてくれる人【大西 健俊】

1977年生まれ。神奈川県出身。明治大学経営学部卒業後、旅行誌などを主とした編集プロダクションに勤務し、食と旅のフリーランスとして独立。その後、月刊誌「東京カレンダー」の編集を経て、フリーランスのエディターに転身、現在は「Fly Inc.」の代表取締役を務める。

その他、旅・食・酒をテーマに活動し、徳間書店・季刊誌「食楽」編集長および、グルメECサイト「オンワード・マルシェ」のクリエイティブ・ディレクター、地域創生メディア「ONESTORY」副編集長などを兼任。

【2019年のNo.1飲食店】

Q 2019年に行ったなかで、〈最も感動した飲食店〉はどこですか?

A 「ShinoiS(シノワ)」です。

中華の当たり年と言われた2019年、もっとも心待ちにしていた一軒が11月にオープン。日本最大級の料理人コンペティション「RED U-35」での優勝後、舞台を上海に移し活躍。その後、お店を出すまでの期間、中国の様々な地域を巡ったという篠原シェフの今が表現されたコースの数々は、広東料理の範疇に収まりきらない世界観。広東料理のルーツを追い求めていた篠原さんですが、枠に囚われない表現で、今後がさらに楽しみです。

Q そのお店で〈印象に残った一皿〉は?

A 「フカヒレの春巻」です。

コースの序盤に登場した春巻きは、かぶりつくと中身があふれるほど詰まったフカヒレ! 味わうだけでニンマリしてしまう、贅沢な一品でした。

ShinoiS

住所東京都港区白金台4-2-7 bld桜なみき 2F
TEL03-6277-0583
定休日不定休

1/2ページ

最終更新:1/24(金) 9:56
食べログマガジン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ