ここから本文です

バスケ日本代表に電撃復帰した『ママアスリート』大崎佑圭の覚悟「東京オリンピックで終わり、一本勝負です」

1/23(木) 10:09配信

バスケット・カウント

結婚と出産を経て現役復帰、2017年以来の日本代表へ

文・写真=鈴木栄一


1月22日、バスケットボール女子日本代表は、2月にベルギーで開催される東京オリンピック予選に向けた合宿を公開した。そこで大きなサプライズとなったのが、大崎佑圭の代表復帰だ。長らく日本代表のセンターとして活躍し、2016年のリオ五輪でのベスト8進出に大きく貢献した大崎は、結婚からの出産により2017-18シーズンを最後にコートから離れていた。それが今回、電撃的な代表復帰を果たしたのだ。

1年半以上に及ぶブランクという大きなハンデを承知した上で、彼女が再び代表でのプレーを目指す理由は、「東京オリンピックという大きな舞台を見過ごすことはできない」という思いだ。

実績十分の大崎であるが、代表合宿の舞台に戻るまでには様々な困難を乗り越える必要があった。それは選手としてトップレベルでプレーするためのコンディションを取り戻すだけでない。「子供がいるので自分の気持ちだけではどうにもならないです。預け先だったりと問題だらけでした」と語るように、2018年12月に生まれた長女の預け先がなかなか見つからず、復帰に向けて本格的に始動したにもかかわらず、その活動を一時は中断せざるを得ない時期もあった。

大崎は当時をこう振り返る。「最初は保育園に当たってみましたが、当時は子供も0歳で、私が働いているわけでもなかったので駄目でした。そこから9月に預け先の問題がクリアになりそうで、よしできるぞとなり、母校の東京成徳高校で身体を動かしたりとか少しづつ準備はしていました。それが10月に入った時に、子供の預け先がなくなってしまって、結局私もまた動けなくなってしまいました。ここで宙ぶらりんの状況になってしまいました。ただ、あきらめるならあきらめる。やるならやるとはっきりさせようと、トム(ホーバス)と話しました。その後でいろいろと道筋が見えてきました」

最終的に「自分で市の体育館を借りていました」というトレーニング中は一時保育施設に娘を預け、今は遠方にある夫の実家に預けて代表合宿に参加している。

1/2ページ

最終更新:1/23(木) 10:09
バスケット・カウント

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ