ここから本文です

あいつぐ「ポケモンコラボ」の背後に何が? 止まらない『剣盾』への燃料投下

1/23(木) 17:40配信

マグミクス

2020年は『ソード・シールド』のプレイヤーを飽きさせない?

 普段ポケモンのゲームをプレイしていない人にお聞きしたいのですが、最近特に街頭や商業施設で「ポケモン」を目にする機会が多いと感じることはありませんか。

【画像】ミスドから「アナスイ」まで! 展開中のポケモンコラボグッズを見る(7枚)

 もとより日本が誇る代表的コンテンツとなった「ポケモン」ですから、今さらのことと思われる方もいるかもしれませんが、よく観察すると、2019年から2020年にかけて「ポケモンコラボ」は加速、さまざまな方面に拡大していることが分かります。

 例えば、子供や家族連れをメインターゲットに置く「ミスタードーナツ」や、「サーティワンアイスクリーム」をはじめ、牛丼チェーンの「吉野家」ともコラボを実施しています。吉野家での「ポケモンフィギュア付き『ポケ盛』セット」キャンペーン第1弾は、昨年12月から3か月(2020年3月18日まで)の開催を予定していましたが、予想を超える売れ行きから、開始より1週間でキャンペーンの一時休止が発表されるほどの盛況でした。

 また、渋谷パルコに2019年オープンした「ポケモンセンターシブヤ」をはじめとする、オフィシャルポケモングッズ直営店「ポケモンセンター」の商品棚にも注目です。
「ニューエラ」とのコラボキャップや、「ANNA SUI」とのコラボアイテムが登場し、おしゃれ好きの琴線に触れる展開が見られます。

 ほとんど切れ目のないコラボ展開が行われている背後で、ゲームのファンに向けては、実に大きな動きが続いています。

 2019年11月に発売された、ポケモンのゲームシリーズ最新作『ポケットモンスターソード・シールド』(以下:ポケモン剣盾)は、発売1週間で600万本(全世界)の売り上げを達成。さらに、2020年1月9日(木)の発表で『ポケモン剣盾』に200体以上のポケモン追加されることが明らかになり、ファンの間で大きな話題を呼んでいます。

 新たなストーリーとフィールドを含む追加コンテンツがプレイできる「エキスパンションパス」も発売され、第1弾「鎧の孤島」が2020年6月末までに、第2弾「冠の雪原」が2020年秋に配信される予定です。発売当初、登場するポケモンの種類が限定されていたことが話題になった同作に対する今回のアナウンスは、極端な言い方をすれば「新作発表」に近いインパクトのある出来事といってもいいでしょう。そして、『ポケモン剣盾』を舞台とした短編Webアニメ「薄明の翼」が、1月15日(水)から公開され、その世界観をさらに広げようとしています。

 ポケモンのコラボグッズはそのキャラクターの魅力と話題性から、SNSとの相性が良い商品です。コラボグッズに関する投稿SNSや、街頭・商業施設での露出が入り口となり、『ポケモン剣盾』の販売を促進する効果も考えられるでしょう。『ポケモン剣盾』を2020年に大きく飛躍させようという取り組みは、ゲームの内外を問わずさらに加熱していきそうです。

(C)2020 Pokemon.
(C)1995-2020 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.
(C)2003-2020 Mister Donut. All Rights Reserved.

マグミクス編集部

最終更新:1/23(木) 17:40
マグミクス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ