ここから本文です

プジョルとカシージャス バルサとレアル・マドリーの元主将同士が再会

1/23(木) 7:20配信

SPORT.es

元FCバルセロナのキャプテンと元レアル・マドリーのキャプテンであるカルレス・プジョルとイケル・カシージャスは、再会して食事をするとともに、2人の友好関係を公にしている。

プジョルからバルベルデへ感謝の言葉「非常によくやってくれた」

2010年ワールドカップ王者であるプジョルとカシージャスは、それぞれのSNSでツーショット写真を公開している。カシージャスは、自身のインスタグラムとツイッターでプジョルとコーヒーを一緒に飲んでいる写真を投稿している。

さらに、スペインフットボール連盟(RFEF)会長候補者の1人であるカシージャスは、写真とともにプジョルへの感謝を「ついに一緒に食事をしながら、クラシコ、ヨーロッパ選手権、ワールドカップについて語る日が来た。幾千ものストーリーが頭に浮かんでくる。カルレス・プジョルとの至福の時」と綴っている。

カシージャスとプジョルの両選手は、2008年ヨーロッパ選手権、2010年ワールドカップ、2012年ヨーロッパ選手権というスペイン代表が大きな成功を収めた際のチームの一員だった(プジョルに関しては、2012年ヨーロッパ選手権には出場していない)。

なお、プジョルは、カシージャスとのセルフィーを自身のインスタグラムに投稿しており、「親友だと思っている。もっと会いに来てくれ!#UnaCarreraJuntos #RivalesYAmigos」と短いメッセージを綴っている。

SPORT.es

最終更新:1/23(木) 7:20
SPORT.es

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ