ここから本文です

ドゥカティ「パニガーレV4」ピレリ製の高性能タイヤ「DIABLO SUPERCORSA SP」を純正採用

1/23(木) 13:00配信

バイクのニュース

レース用タイヤのような外観とストリートでも使用できる懐の深さ

 ドゥカティは、世界で戦うレーサーの技術をフィードバックし開発された公道用モデル「パニガーレV4」2020年モデルの純正タイヤとしてピレリ製「DIABLO SUPERCORSA SP(ディアブロ・スーパーコルサ・エスピー)」を採用しました。

【画像】ピレリ製「DIABLO SUPERCORSA SP」を履いた「パニガーレV4」

 最高出力214ps/13000rpm、最大トルク12.6Kgm/10000rpmという京大なパワーとトルクを発生するパニガーレV4の純正タイヤとして選ばれたDIABLO SUPERCORSA SPは、公道走行に完全に適合ながらもサーキットでの最上のパフォーマンスを持った製品です。

 また、DIABLO SUPERCORSA SPはFIMスーパーバイク世界選手権などの様々なレースで使用されているスリックタイヤとほぼ同じ形状とSC2コンパウンドを採用しているため、外観面においてもレース用タイヤのようなシルエットを形成しています。

 テクニカルパートナーであり、タイヤサプライヤーでもあるピレリは、ドゥカティと密接に協力して新しいパニガーレV4を開発し、2018年には、フロントサイズ120/70 ZR17、リアに革新的な200/60 ZR17を搭載したDIABLO SUPERCORSA SPを世界で初めて採用しました。

 現在ではドゥカティのみならず、様々なメーカーがDIABLO SUPERCORSA SPを高性能モデルの純正タイヤとして採用しています。

バイクのニュース編集部

最終更新:1/23(木) 14:39
バイクのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事