ここから本文です

全豪OPで引退ウォズニアッキ3回戦進出「ここまでの旅は信じられない」<女子テニス>

1/23(木) 12:36配信

tennis365.net

全豪オープン

テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は22日、女子シングルス2回戦が行われ、世界ランク36位のC・ウォズニアッキ(デンマーク)が第23シードのD・ヤストレンスカ(ウクライナ)を7-5, 7-5のストレートで破り、3回戦進出を果たした。

【大坂なおみ ウォズニアッキら全豪OP対戦表】

2018年の全豪オープンを制したウォズニアッキは、この日ゲームカウント1-5とリードを許すも、そこから6ゲームを連取して第1セットを先取。第2セットもリードされたが逆転に成功し、2時間2分でヤストレンスカを振り切った。

元世界ランク1位のウォズニアッキは会見で「彼女(ヤストレンスカ)はほとんどミスをしなかった。自分も深いボールを打てていなかった。流れを変えるために何をすべきか考えていた。すると彼女が簡単なミスをし始めた」と振り返った。

今大会限りで引退を表明しているウォズニアッキは「父と共にずっと戦っていたことで今の自分があると思うし、そうでなければこうして今ここに立っていなかった」と語った。

「お互いの間に信頼関係が存在するし、ここまでの旅は信じられないものだった。今のフィットネス・コーチの選択は現在の自分を築き上げてもくれた。少なくとも自分の頭の中では、ずっと万全な体調なら世界でも最強の選手でいられた。そうでなければ、自分は単なる1選手。これまでの数年間で世界のトップの選手でいられたのは多くのことを与えてくれたと思っている」

ウォズニアッキは3回戦で世界ランク78位のO・ジャバー(チュニジア)と対戦する。ジャバーは2回戦で同46位のC・ガルシア(フランス)を逆転で下しての勝ち上がり。

最終更新:1/23(木) 12:36
tennis365.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事