ここから本文です

シリコンバレーで女性起業家を育成・支援する堀江愛利 起業に至った原点は「現場で感じたジレンマ」

1/23(木) 18:12配信

TOKYO FM+

ファッションデザイナー、起業家、インフルエンサーなどマルチに活躍するハヤカワ五味がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「マスメディアン 妄想の泉」。この番組では、さまざまなフィールドで活躍する起業家やクリエイター、アーティストをゲストに迎え、未来を面白くするヒントを“妄想しながら”探っていきます。1月18日(土)の放送は、Women's Startup Lab CEOの堀江愛利さんが登場しました。

◆“女性起業家”のために一念発起

堀江さんは、2013年に米・シリコンバレーでWomen's Startup Labを創業。女性が出すアイデアに興味を持ってもらえない状況に小さな疑問があったことが、起業のきっかけと話します。育児や介護などの課題を解決できるようなアイデアは、男性社会に全然刺ささっていなかったと振り返ります。

そんな現実を目の当たりにしたときに「なにかできるんじゃないかと。社会問題を解決できるようなビジネスアイデアが出ているのに、これ以上、女性起業家が諦める姿を見ているのがせつなかった。まずはみんなで集まってサポートしようという軽い気持ちから始めた」と言います。

現在は、世界中から募った女性起業家の育成をしている堀江さん。「シリコンバレーで重要なのはネットワーク。とてもオープンなんですけど、イージーではない」と語ります。“結果は出して当たり前”という状況下で、女性起業家が次のステップに進むためのサポートをしています。

◆キャリアを積むなか、芽生えた思い

堀江さんはカリフォルニア州立大を卒業後、IBMに就職したのをきっかけにシリコンバレーへ。同社で「いろいろなことを教えてもらったが、自分がなにかをつくるとか、経験を積むという意味では限られていて、スタートアップに行けばいろいろなことをさせてもらえるだろう」との思いから退職を決意。

その後、数社でマーケティングを手掛けていくなかで自分が起業を志したのは「これまで会社のために仕事を頑張ってきたけれど、結婚と出産をしたあと、どうせならもっと自由のきく仕事をしたほうが良いと思って自宅で事業を始めた」と振り返ります。

当時は、自身がマーケティングで築いたバックグラウンドを駆使し、小遣い稼ぎの感覚で、インターネット上でモノを販売していたそう。

そんな副業感覚で始めた事業で、意識に変化が芽生えたのは、「テック系で、アイデアから実際のプロダクトする仕事をずっとしていたにもかかわらず、母親になり子どもを学校に入れるなどしていくなかで、シリコンバレーにいながら『なんとアナログな世界なんだ』と感じたから」。

こうした状況にもかかわらず、女性たちが“こういうニーズがある”“こういうモノをつくりたい”と主張しても、第一線でビジネスをしている人たちからは却下されてしまう連続だったそう。そんな現実に感じたジレンマが、現在手掛けている事業の原点となったようです。

1/2ページ

最終更新:1/24(金) 11:35
TOKYO FM+

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ