ここから本文です

静岡発! 手土産にも使えるおしゃれツナ缶「オーシャンプリンセス」って?

1/23(木) 10:20配信

magacol

アレンジ料理やプチ飲みのおともとしてお馴染みの缶詰、港町が多い静岡県では缶詰生産も盛んです。今回は全国でツナ缶をはじめて製造した清水食品を前進にもつ、モンマルシェ株式会社の「オーシャンプリンセスホワイトツナ」シリーズからおすすめの2缶をご紹介。ブランド名である「オーシャンプリンセス」の由来は、清水港を母港とする帆船から。各国のセレブたちが愛した歴史ある船のように、長く愛されるようにとの思いが込められているそう。

(右)綿実油 フレーク1缶(90g) ¥360、(左)エキストラバージンオリーブオイル ソリッド1缶(90g)¥500

油との相性は抜群! さっぱりしているのにコクがあるツナ

ホワイトツナシリーズは夏の三陸沖で一本釣りで獲れたびん長マグロを使っており、職人が一尾ごとに手作業で捌いているとのこと。また、漬けるための油にもこだわっていて、高級料亭などでも使われるクセがない綿実油とコクのあるエキストラバージンオリーブオイルをふんだんに使用。ツナのみならず、油まで料理に使える文句なしの品質です。

缶を開けると、ぎっしりと詰まったホワイトツナが。綿実油漬けのフレークはそのままフォークですくって食べてしまいたくなるきれいな白さで、ほぐれた身はとてもきめ細やか。黄金に輝くエキストラバージンオリーブオイル漬けのソリッドからは豊潤な香りが漂い、どんな料理に合わせようかと食欲がそそられます。早速、自宅でも簡単にできるアレンジ料理にしてみました!

活用レシピ(1)ホワイトツナのきのこ入りトマトソースパスタ

フレークのホワイトツナをきのこやグリンピースと混ぜて、トマトソースパスタに仕上げました。一口食べると、まるで柔らかなチキンを食べているような食感に驚き!噛むたびにツナのうまみが溢れ出します。ソースを加熱すると程よくほぐれるものの、細かくはならないのでツナの存在感は充分。トマトソース以外のパスタソースに入れても、ツナ好きにはたまらない贅沢ツナパスタが出来ちゃいそう。

活用レシピ(2)ホワイトツナの彩り野菜サラダ、エキストラバージンオリーブオイルがけ

トマトやブロッコリー、レタスといった生野菜サラダにホワイトツナをトッピングするだけで、食べ応えのある野菜サラダが完成。シャキシャキとした野菜にソリッドの大きなツナがアクセントになって、ダイエット中やストイックな食材を好む人にもおすすめの食べ方です。漬け込んでいたエキストラバージンオリーブオイルも塩こしょうや好みのハーブと混ぜてドレッシングに早変わり。ツナのうまみも余すところなく食べられちゃいます。

自宅のストックはもちろん、お土産としても大活躍!

何かと料理に大活躍のホワイトツナ缶。缶詰なので、長期保存が可能なことも嬉しいポイント。あと一品欲しい……というときにももってこいなので、ストックしている人も多いのだとか。

こだわりの製法で、缶詰が高級品だったころの感動と美味しさを今に伝えるホワイトツナシリーズ。静岡では県中部の駅ナカや商業施設にお店があり、県内外の方へのお土産としても好評。県外はオンラインショップのほか、東京では日本橋三越本店でも入手可能。ちょっぴり贅沢な気分を味わいたい日や大切な人のおもてなしやプレゼントに使ってみるのもよさそう!


【お問い合わせ先】
モンマルシェ株式会社
文・撮影/松下文香

最終更新:1/23(木) 10:20
magacol

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ