ここから本文です

主役はジョージ王子。英国王室のコメディアニメシリーズが配信へ

1/23(木) 22:11配信

ELLE ONLINE

ロイヤルウォッチャーやゴシップ好きに大人気の、ゲイリー・ジャネッティ(Gary Janetti)のインスタグラムアカウント。ジョージ王子を辛辣なコメンテーターに見立て、その解説とともに王室の動向を伝えているゲイリーには、すでに90万人近いフォロワーがいる。そんな彼が手がけるコメディアニメーションシリーズ『The Prince(原題)』が、米TV局HBOのストリーミングサービス「HBO Max」で配信されることが明らかに。そこで、今判明していることをおさらい。

【写真】祝・5歳。ジョージ王子のすくすく成長アルバム

ゲイリーは脚本を手がける

米FOXの過激アニメシリーズ『ファミリー・ガイ』の脚本・制作総指揮や、日本でも人気のドラマ『ふたりは友達?ウィル&グレイス』の脚本を手がけたことでも知られるゲイリー。彼が今作『The Prince』の脚本を担当する。製作にあたり彼は、自身の英王室に対する関心と、これまでの番組制作の経験を生かしていきたいと述べている。

主役はジョージ王子

今作は、“ジョージ王子の視点”から語られることになるそう。王子自身も作品をとおして成長しながら、現代において「次期国王であること」の意味を学んでいく……という内容だという。

ジャネッティは、ジョージ王子をゲイであるかのように扱った投稿で炎上したこともあるが、今作では王子をどんなふうに描くつもりなのかも気になるところ。

番組の概要は

発表されている番組の概要は、以下のとおり。

・未来の英国王であるジョージ王子自身の視点から、その子供時代を描くジャネッティのコメディの世界は、ジョージ王子自身のルールに従ったものとなる。

・ジョージ王子が戴冠するのはまだかなり先のこと。幼い王子は毎回のエピソードのなかで、「バッキンガム宮殿には部屋が775あること」「家族がおびただしい数のコーギーを飼っていること」「庶民も通っている小学校のこと」などを学び、それらを通じて自らの人生の進路を理解していく。

・『ザ・プリンス』には、ジョージ王子の両親であるケンブリッジ公爵夫妻、妹で王位継承順位4位のシャーロット、現代的な叔母メーガン、叔父ヘンリー、曾祖父のフィリップなどが登場する。ジョージが“ガンガン”と呼ぶ曾祖母のエリザベス女王も、もちろん登場する。

1/2ページ

最終更新:1/23(木) 22:11
ELLE ONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事