ここから本文です

転職直後だと住宅ローンが組めないって聞いたけど…これって本当?

1/23(木) 19:10配信

ファイナンシャルフィールド

転職が当たり前になった昨今、転職の懸念事項の一つとして住宅ローンを挙げることができます。転職するにあたり、住宅ローンがどのように関わってくるのでしょうか?

転職したからといって組めないことはない

転職直後は住宅ローンが組みづらくなる、といわれることがありますが、実際のところ、そうではありません。

転職直後であっても十分な収入が予定されていたり、上場企業への転職や資格を生かした専門職への転職であれば、転職という理由のみをもって住宅ローンが組めないということはないのです。仮にそうでなかったとしても、頭金の有無や貯蓄の額などによって住宅ローンを組める場合もあります。

したがって、転職直後だからとすぐに住宅ローンを諦めるのは早計です。

転職直後の場合は組みづらくなる場合もあるかも?

とはいうものの、住宅ローンの審査においては収入の額や安定性が重視されます。転職直後は勤続年数が短く、まだ収入が安定してないと判断され審査が厳しくなることも事実です。数年単位で頻繁に転職を繰り返しているような方であればなおさらです。

一般的に審査の際に必要となる勤続年数のラインは、2年から3年といわれています。収入やその他の条件には問題がないものの、転職直後で不安という方は転職から3年程度経過してから審査を申し込むことを検討してもよいでしょう。

注意したほうがいいこと

住宅ローンへの申し込みは人生を左右する大きなイベントです。安心して住宅ローンを組むために、注意点は事前に確認しておいたほうがよいでしょう。

・返済中に転職した場合
住宅ローンの審査に通過し、既にローンの返済が始まっている後に転職したとしても、住宅ローンに影響はないのが基本です。収入が下がったからといって心配する必要はありません。

ただ、ローンの審査時には勤務先の情報も含めて審査されることとの関係上、転職した際はその旨の届け出をするよう住宅ローン契約の内容や約款などにおいて定められていることがほとんどです。

そのため、転職した場合は借入先となる金融機関に連絡し、約款などに定められた所定の手続きをするようにしてください。

・転職直後の借り換えは原則NGと考えておくべき?
住宅ローンの借り換えをすれば、新たに組んだローンの借入金をもって、現在返済中の住宅ローンにあてることができます。金利の安い住宅ローンに借り換えすることで将来的な返済額を、少なくできる場合があります。住宅ローンの借り換えは新規でローンを組むようなものです。

つまり、借換先となる金融機関で再度審査を受けることになるのです。その関係上、転職によって収入が下がっていたり、転職直後での借り換えは審査に通らないこともありえます。

ただ、必ずしもNGというわけではありません。転職先での見込み収入や健康状態に問題がなければ、転職直後でも借り換えの審査を通過する可能性もあります。転職直後の借り換えを検討しているのであれば、借り換え予定先の金融機関へ相談するとよいでしょう。

まとめ

住宅ローンは、転職という理由のみによって組めなくなるわけではありません。住宅ローンの検討中、あるいは返済中に転職をする場合は十分にシミュレーションし、状況によっては借入先となる金融機関へ相談するとよいでしょう。

執筆者:柘植輝
行政書士

ファイナンシャルフィールド編集部

最終更新:1/23(木) 19:10
ファイナンシャルフィールド

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事