ここから本文です

21世紀枠推薦校・城東(徳島) 「冬の野球自由研究」春・そして夏の開花へ

1/23(木) 19:00配信

高校野球ドットコム

 2019年、秋季徳島県大会で3位に入り、初出場となった秋季四国大会でも最速147キロ右腕・内田 悠太(2年)擁する大手前高松(香川)を破り1勝をあげた徳島県立城東高等学校。県内トップの公立進学校。加えて平日は20時完全下校にもかかわらず一昨年は練習試合とはいえセンバツベスト8の日本航空石川(石川)を阿南市での直前合宿練習試合で下し、昨年は夏の選手権徳島大会でも第4シードを獲得するなど近年の躍進はめざましいものがある。

【写真】城東を牽引する注目の1年生投手・高木太陽

 では、なぜ城東はこのような強さを発揮できているのか?今回はその原動力であり、選手18人・マネージャー2人の計20名が日々作り上げている「冬の野球自由研究」を追ってみた。

平日3時間足らず、1/4グラウンドでもできる「野球研究」

 横を見れば先の全国高校ラグビー選手権で「笑わない男」プロップ稲垣 啓太(パナソニックワイルドナイツ)をOBに持つ新潟工を撃破したラグビー部がスクラムやラインアウトを組む。奥を見ればサッカーボール・ソフトボールにハンドボールが飛び交う。そして19時半を過ぎると「20時で完全下校です」と校内放送が……。これがこの数年で徳島県で常に上位争いを演じるようになった城東野球部の平日練習風景である。

 加えて平日の練習時間は長くて2時間半。グラウンドは1/4スペース。休日こそ学校から約3キロ北側になる吉野川大橋南岸のグラウンドを使用できるものの、ここにもナイター設備は皆無である。古くは作家の瀬戸内 寂聴さん、近年でも東京大工学部卒で全国各地で光のデジタルアートを展開しているチームラボ・猪子 寿之代表取締役らを輩出。毎年国公立大・有名私大にも100名以上を送り込んでいる県内トップ進学校の宿命とはいえ、いわゆる「強豪校」の環境は全く満たしていない。

 しかしながら、「この環境で勝つためにどうするのかをテーマにしている」と鎌田 啓幸監督が話すように、2年生選手5名・1年生選手13名・2年生マネージャー2名の計20名で構成されるチームに悲壮感は皆無である。

 取材日の練習1つ見ても、選手たちはアップから昨秋公式戦7試合28盗塁の原動力となった走塁の「6種類スタート」を確認。キャッチボールでは3人1組になり実戦を想定した送球を繰り返し、守備練習では二遊間が「試合をイメージして足で合わせる」(森本 夢叶<2年・二塁手>)捕球からトス・送球までの動作を確認すれば、外野陣は手投げフライを様々なスタートから捕球。

 一方、打撃練習ではミートを確かめるべく竹バットを使いティーバッティングに取り組めば、最速137キロ右腕・高木 太陽(1年)をはじめとすつ投手陣は鳥かごを使ってのブルペン投球。それが終わると鳥かごすぐにマシンバッティングの場所と化す。このような練習が3班構成で次々と進んでいく。

 さらに練習の合間には選手間で練習ポイントを確認しあい、練習後には鎌田 真依・桑原 実夢の2年生マネージャーが作ったおにぎりを食す。指揮官いわく「ウチは野球研究部」と城東野球部を評する理由がこれだけでも理解できた。

 そういった彼らの「自由研究発表会」となったのが昨年秋の公式戦であった。

1/2ページ

最終更新:1/23(木) 19:00
高校野球ドットコム

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ