ここから本文です

36歳の松田宣浩が越年更改で2年契約「やってやる」年俸増4・5億円

1/23(木) 15:21配信

西日本スポーツ

 ソフトバンク松田宣浩内野手(36)が23日、ヤフオクドーム内で契約更改交渉に臨み、5000万円アップの年俸4億5000万円プラス出来高(金額は推定)の2年契約でサインした。

【写真】熱男の家族サービス ベビーカーを押す松田宣

 昨季はチーム唯一の全143試合に出場し30本塁打。三塁手として7年連続8度目のゴールデングラブ賞を獲得した。4年契約が終了し、チームで唯一越年していた。

 代理人とともに会見に臨んだ松田宣は「新たに2年契約を結んで、もう一度この2年間、やってやろうという強い気持ち」と意気込みを披露。3年連続となるシーズン30本塁打と東京五輪出場、金メダルを目標に掲げた。

最終更新:1/23(木) 19:15
西日本スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事