ここから本文です

タイサッカー協会が西野朗監督と2年間の契約延長で合意!「深みをもたらして欲しい」

1/23(木) 13:05配信

GOAL

タイサッカー協会のソムヨット・プンパムアン会長が、西野朗監督(64)と2年間の契約延長で合意したことを認めた。同協会の公式サイトが伝えている。

ソムヨット会長は22日に行われた西野監督との会談後、「西野との契約について、双方合意に至った。2年間の契約でサインされ、1月24日に公式リリースが出される」と発言。西野監督は2022年までタイ代表を率いる運びとなった。

また、ソムヨット会長は「タイ代表チームに深みをもたらして欲しい。とはいえ、(他国の)すべてのチームがクオリティーを有しているので簡単ではなく、私たちは1試合1試合を考えていかなければならない」と冷静でありながらも期待を寄せている。

西野監督は、2018年のロシア・ワールドカップ(W杯)で日本代表をベスト16に導いた後、タイのフル代表&U-23兼任監督に就任。惜しくも五輪本大会出場は逃したものの、今月のAFC・U-23選手権タイ2020において、U-23タイ代表としては史上初となる決勝トーナメント進出を果たしていた。

最終更新:1/23(木) 13:05
GOAL

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

今日のJリーグ 試合情報

J1
あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ