ここから本文です

バレンタインに「愛の告白」は時代遅れ!? 現代のトレンドは“親チョコ”と“お返しはプライスレス”

1/23(木) 17:00配信

AbemaTIMES

 1月22日、クックパッドがバレンタインに関する調査を発表した。

 クックパッドが発表したデータによると、バレンタインに手作りする派は70%を超え、その理由は「手作りを楽しみたい」が最多の52.4%で、「好きな相手に告白したい」が最少の0.5%という結果になった。

【動画】告白は0.5%!?バレンタインに贈りたい相手ランキング

 また、「贈りたい相手」についてのアンケートでは、「恋人や配偶者」が52.3%と最多だったが、「自分や配偶者の親」、「自分自身」なども上位に入った。

 バレンタインデーは昭和30年代に女性から男性にチョコレートを愛の贈り物として渡すことが定着したが、近年では男性から女性へ贈る“逆チョコ”やお世話になったお礼の“世話チョコ”、自分へのご褒美の“自分チョコ”などが定着しつつあるようだ。

 また、バレンタインの予算では最多が「301円~600円」(一人当たり)であったことに対して、ホワイトデーのお返しに期待する金額の最多は「プライスレス」だった。うれしかったホワイトデーのお返しについても「普段お菓子を作らない彼からの手作りクッキー」や「子どもからの感謝の言葉と1日家事代行をしてくれたこと」など、お金ではなくまさに「プライスレス」なお返しをあげた人も多かった。

 コメンテーターのノンフィクションライターで記者の石戸諭氏は「(バレンタインの)楽しみが多様化している。(チョコレートの)エンターテイメントデーですよ」とコメント。キャスターを務めるテレビ朝日の大木優紀アナウンサーは「ハート型のチョコを持って、待ち伏せして『好きです!』みたいなものはもうバレンタインじゃないってことで、もうそれは超クラシックスタイルってことですね」とまとめた。
(AbemaTV/「けやきヒルズ」より)

最終更新:1/23(木) 17:00
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事