ここから本文です

「一生涯おひとりさま」と決めた女性の覚悟。金銭感覚に老後資金…今から準備すべきこと

1/23(木) 19:50配信

LIMO

人生には、さまざまな選択肢が存在します。婚活に励む女性がいる一方、「私は生涯独身で生きていく」と決めている人もいることでしょう。もちろん、結婚をする・しないは個人の自由。しかし、今後の人生を1人で生き抜いていくには、それ相応の備えをする必要があります。

この記事の写真を見る

そこで今回は「生涯おひとりさま」と決断した女性たちに、その覚悟と取り組みを伺いました。「一生涯おひとりさま」の女性が、今からしておくべきことを学んでいきましょう。

住む場所を確保しておいた

高齢者になると、賃貸物件の契約が難航する可能性が高まります。そのため、事前に住まいを確保しておくと安心です。そこで、マンションを購入するのも1つの手。では、実際にマンションを購入した女性に話を聞いてみましょう。

「ずっと賃貸アパートに住んでいましたが、老後を見据えてシングル世帯向けのマンションを購入しました。ローンの支払いは、以前の家賃と同じくらいです。『自分の家が手に入った』という安心感は、非常に大きいですよ。あとは、将来的に発生する自宅内のトイレやお風呂などの修理費、今後の固定資産税などを用意していく予定です」

住宅ローンの重圧が伴うものの、老後の住まいを確保できる安心感は大きいようです。とはいえ、ローンを払い終わったからといって、住居にかかる費用がなくなるわけではありません。今後の固定資産税や修繕にかかる費用も、しっかり視野に入れておきましょう。

正しい金銭感覚を養っています

自分のお金を自由に使える独身の場合、日々の中でつい贅沢をしてしまいがち。しかし、浪費癖が身に付いたまま老後を迎えてしまうと、苦しい年金生活となってしまうかもしれません。そこで、正しい金銭感覚を維持する工夫を教えてもらいましょう。

「いざ年金生活が始まっても今と同じような生活を送れるよう、『月に10万円以内で生活しよう』と心がけています。老後に外食ばかりするわけにもいかないので、食事は自炊がメイン。図書館で本を借りる、写真撮影をするなど、お金のかからない趣味も大切にしていますよ。服やコスメなどを買い過ぎないように、欲しいものは予算内でやりくりしています。

また、お菓子を控える、あえてタクシーを使わず歩くなど、節約しながら健康面にも配慮しています。将来の医療費の節約にもなるので、一石二鳥ですよ」

老後を迎えた瞬間、いきなり生活スタイルや金銭感覚を変えるのは難しいものです。今のうちから贅沢過ぎない生活に慣れておき、年金や老後資金で無理なく過ごせるようにしておきましょう。

1/2ページ

最終更新:1/23(木) 19:50
LIMO

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ