ここから本文です

AIが全国民の価値を選別、殺りくを開始!『AI崩壊』恐怖の本編シーン解禁

1/23(木) 17:00配信

クランクイン!

 俳優の大沢たかお、賀来賢人、EXILE/三代目J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEの岩田剛典らが共演する映画『AI崩壊』より、大沢演じる人工知能(AI)開発者・桐生浩介が開発した医療AI<のぞみ>が暴走し、人間の生きる価値を選別して殺りくを開始する恐怖の本編シーンが解禁された。

【写真】『AI崩壊』AIの暴走に焦る大沢たかお&賀来賢人


 本作は、AIが国民の生活に欠かせない存在となった2030年の日本を描く完全オリジナルストーリーのサスペンス。大沢演じるAI開発者にして天才科学者の桐生浩介を主人公に、AIの暴走が日本中を巻き込む大惨事へ発展する様を緊張感たっぷりに活写する。監督は『22年目の告白‐私が殺人犯です‐』の入江悠。

 解禁となったのは、AIが暴走し、国民の生きる価値を選別していく恐怖にあふれるシーン。桐生が亡き妻・望のために開発した医療AI<のぞみ>は、個人情報を完全に掌握し全国民の健康を管理していた。しかし、生きるために欠かせない存在となったAI<のぞみ>が突如暴走。病歴・納税額・交友関係・社会的地位など、いくつものパラメータで生きるべき人間とそうではない人間を区別し、“余命価値”を計測。次々と【死亡】判定を下し、死亡する人間の消去手段を決めていく様子が描かれている。

 本作の監督とオリジナル脚本を手掛けた入江は、10年後の日本社会を描くためにAIについて徹底的にリサーチを行った。特に劇中で描かれるAIが普及した世界はリアルに起こり得る未来の姿として描いたという。

 入江監督は「2030年には医療AIが生活の中に入り込んでいると思います。個別化医療と言ってそれぞれに個人のデータを収集して適切な診断を下すみたいなことは、恐らく2030年には普通に起きているだろうなと思いますね。あなたはこのアレルギーがあるからこの食事はやめなさいとか、そうした情報が携帯電話に届くとか、そういうことが現実になっていくと思います」と語る。

 さらに、「僕は昔から個人情報を流出されるのをすごく警戒しています。パソコンのカメラは塞いでいますし、携帯のアプリとかもなるべくダウンロードしないようにしていますね。AIを調べれば調べるほどアナログ生活をしたいなと思ってしまいます(笑)」と語っている。

 監督はまた、「2020年はこれからの日本にとってターニングポイントになる気がしていて。それはオリンピックがあることもそうですし、21世紀に入ってからこれまでの間って、輝かしい未来から遠ざかっている印象をみんな持っていたのではないかなと思います。オリンピックがある年にこの映画が公開されるので、これからの社会を作っていく若い人が何か考えるきっかけになったらいいなと思います」と熱弁している。

 映画『AI崩壊』は1月31日より全国公開。

最終更新:1/23(木) 17:00
クランクイン!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ