ここから本文です

クリッパーズ指揮官、ドンチッチについて「間違いなくMVPの候補者」

1/23(木) 14:59配信

バスケットボールキング

目覚ましい才能を持つドンチッチ

 今季はNBAキャリア2年目にして、リーグのスター選手へと大きく成長を遂げたダラス・マーベリックスのルカ・ドンチッチ。ここまで39試合に出場し、平均29.1得点9.7リバウンド9.0アシスト1.0スティールを叩き出しているが、リーグの関係者含めて多くのファンが彼の活躍に驚いている。

 現在20歳にしてすでに成熟されたプレーを披露するドンチッチ。相手を惑わす巧みなフットワークやフェイク、ピック&ロールではディフェンスの動きを読んでアシストする相手を切り替えるなど、そのバスケットセンスとIQの高さは計り知れない。1月22日(現地時間21日)に行われたロサンゼルス・クリッパーズ戦でも、相手のカワイ・レナードが36得点11リバウンドを記録する中、ドンチッチも36得点10リバウンド9アシストをマーク。試合には110-107で敗戦したが、リーグを代表するスーパースター相手に堂々とプレーしている。

『Dallas Morning News Sports』のブラッド・タウンゼンド記者によれば、この試合のあとにクリッパーズのドック・リバースHC(ヘッドコーチ)がドンチッチについて以下のようにコメントしたそうだ。

「間違いなくMVPの候補者。驚きだよ、彼がまだ2年目であることを忘れてしまっているのだからね。『待てよ、これで2年目なのか?』という感じで、彼はすでにリーグに長く在籍しているような選手なんだ。それこそが彼が素晴らしい証だね」

 ドンチッチがここまでの完成度を誇っていることが非常に驚きだが、キャリアの年数と年齢的にも全盛期はまだこれからのはず。果たして彼が今後どういった功績を残していくのか目が離せない。

BASKETBALL KING

最終更新:1/23(木) 14:59
バスケットボールキング

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事