ここから本文です

今季リーグ最高のホーム戦績を誇るヒートがウィザーズを撃破、延長でも8戦無敗を記録

1/23(木) 17:18配信

バスケットボールキング

延長戦無敗の要因について「僕らはまた1つ上のレベルへと上がっているんだと思う」と新人ヒーロー

 1月23日(現地時間22日、日付は以下同)。マイアミ・ヒートはホームのアメリカン・エアラインズ・アリーナでワシントン・ウィザーズを迎えた。

 ここまでホームで19勝1敗というリーグベストの戦績を誇るヒートは、最大21点のリードを奪ったものの、第4クォーター終盤にウィザーズが起死回生の反撃にかかる。

 6点ビハインドで迎えた残り3分6秒から、ダービス・ベルターンスの3ポイント、ブラッドリー・ビールの6連続得点で9-0のランに成功したウィザーズは、残り1分35秒に3点リードを手にした。

 その後、両チームがショットミスを繰り返す中、ヒートのベテラン、ジェームズ・ジョンソンが攻防両面で貴重な仕事を遂行。残り35.7秒に同点へと持ち込む3ポイントを沈めると、直後のポゼッションではイアン・マヒンミ(ウィザーズ)のレイアップをブロックし、試合は延長へ。

 するとヒートは、大黒柱ジミー・バトラーが延長だけで9得点をマークし、終わってみればヒートが134-129で制して2連勝を飾った。

 ヒートではタイラー・ヒーローが9投中7本の3ポイント成功を含むチームトップの25得点、バトラーが24得点7リバウンド10アシスト、ゴラン・ドラギッチが22得点6リバウンド10アシスト。さらにケンドリック・ナンとケリー・オリニクがそれぞれ14得点、ダンカン・ロビンソンが13得点と続いた。

 ビールにゲームハイの38得点を許したものの、ヒートは21日のサクラメント・キングス戦に続き、2試合連続で延長戦に勝利したことで、今季リーグ最多となる8試合を経験し、8戦無敗を記録。地元メディア『The Miami Herald』によると、ヒートは延長戦で相手チームを102-52で圧倒しているという。

「僕らはまた1つ上のレベルへと上がっているんだと思う。(延長で)勝てるかどうかわからないから、さらにもう1レベル、上に行くことができるようにしているんだと思う」とヒーローが試合後に明かした。

 ヒートはホーム戦績で、依然として20勝1敗(勝率95.2パーセント)とリーグトップを残しており、31勝13敗でイースタン・カンファレンス2位の座を堅持。勝率5割超えのチーム相手にも11勝6敗と勝ち越しており、自信を増していると言っていいだろう。

BASKETBALL KING

最終更新:1/23(木) 17:18
バスケットボールキング

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ