ここから本文です

「ニコラ・ヨキッチと一緒にプレーするのが大好きなんだ」とマイケル・ポーターJr.

1/23(木) 20:48配信

バスケットボールキング

「彼はコート上で僕のことを見つけてくれるだけでなく、どのようにしてチームメートたちを見つけてパスを出すかを教えてくれるんだ」

 昨季ケガで全休したマイケル・ポーターJr.が、選手層の厚いデンバー・ナゲッツで存在感を示している。

 昨年12月30日(現地時間29日、日付は以下同)のサクラメント・キングス戦でキャリア初のスターターに抜てきされると、26分7秒のプレータイムで19得点6リバウンドをマーク。

 1月3日のインディアナ・ペイサーズ戦では、ベンチスタートながら12本のうち11本のショットを放り込み、キャリアハイの25得点に5リバウンドをマークし、いずれも勝利に貢献。

 23日のヒューストン・ロケッツ戦(105-121でナゲッツが敗戦)こそ、ポーターJr.は背中の痛みで欠場したものの、それまでの5試合全てでベンチスタートして2ケタ得点を奪取。チームも4勝1敗と好成績を残していた。

 主にパワーフォワードを務めるポーターJr.が、フロントコートでコンビを組むのはオールスターのニコラ・ヨキッチと、キャリア7年目のメイソン・プラムリー。特にヨキッチと一緒にプレーすることが好きだという。

「ニコラと一緒にプレーすることで、僕はもっといい選手になることができるだろうね。彼はコート上で僕のことを見つけてくれるだけでなく、どのようにしてチームメートたちを見つけてパスを出すかを教えてくれるんだ」とポーターJr.は『The Athletic』へ語っている。

 そして何よりも、「彼はただ、穏やかなんだ。コート上で彼と一緒にいると、とても静かなんだ。それに彼は正しいプレーメイクをしてくれる。だからそんなに心配する必要がないんだ」とポーターJr.は言う。

 21歳のポーターJr.は来季以降、ヨキッチと共にナゲッツでスターターを務める見込みとなっているだけに、今後もリーグ屈指の万能型ビッグマンから多くのことを学び、自らのプレーを広げていってほしいところだ。

BASKETBALL KING

最終更新:1/23(木) 20:48
バスケットボールキング

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事