ここから本文です

トヨタ/日産/ホンダ以外の人気車種は? 国内メーカーNo.1モデル5選

1/23(木) 17:10配信

くるまのニュース

トヨタ/日産/ホンダに次いでランキング上位を獲得したモデルとは

 日本自動車販売協会連合会が発表した2019年の登録車販売台数ランキングにおいて、1位のトヨタ「プリウス」から18位のホンダ「ステップワゴン」までをトヨタ/日産/ホンダの3メーカーが占める結果となりました。

【画像】 国産各社の人気ナンバーワン登録車を見る(28枚)

 日本には、3社以外にも主要自動車メーカーとして5社が存在しているのですが、それぞれのメーカーで2019年にもっとも売れた登録車はいったい何だったのでしょうか。各メーカーごとに紹介していきます。

●スズキ「ソリオ」(登録車ランキング総合19位)

 トヨタ/日産/ホンダの3社のモデルに続いて総合19位を獲得したのが、スズキのコンパクトカー「ソリオ」です。2019年の年間販売台数は4万4488台を記録しました。

 ソリオのボディサイズは全長3710mm×全幅1625mm×全高1745mmと、コンパクトカーのなかでも比較的小さく、狭い道でも安心してが運転することが可能です。

 後部ドアには両側スライドドアを採用し、高い全高による室内高1360mmという広々とした室内を実現。使い勝手にも優れています。

 搭載されるパワーユニットは1.2リッター直列4気筒エンジンを基本に、燃費性能の異なる2種類のハイブリッド仕様をラインナップし、全3種類となっています。もっとも燃費の良いグレードではJC08モードで32km/Lという低燃費を実現しています。

 ソリオは、標準モデルのほかに、内外装が異なるエアロモデルの「ソリオバンディッド」をラインナップ。車両価格(消費税込、以下同様)は148万6100円からです。
 
●スバル「インプレッサ」(登録車ランキング総合20位)

 2019年にスバルでもっとも販売台数の多かった登録車は、スバル「インプレッサ」です。2019年は4万3780台を販売しました。

 現行型インプレッサのボディサイズは、ショートワゴンタイプの「インプレッサスポーツ」が全長4475mm×全幅1775mm×全高1480mmと、日本の道路環境でも扱いやすいサイズです。

 ボディタイプには、インプレッサスポーツのほかにセダンタイプの「インプレッサG4」、そしてSUVタイプの「XV」と、幅広いラインアップを持ちます。

 パワーユニットのラインナップは、1.6リッター水平対向4気筒と、スポーツおよびG4に設定される2リッター水平対向4気筒、そしてXVのみの設定となる2リッター水平対向4気筒+モーターの「e-BOXER」の全3種です。

 2019年11月にはそれぞれ改良がおこなわれ、スポーツとG4の外観がブラッシュアップされたほか、3モデルすべてに対して運転支援システム「アイサイト・ツーリングアシスト」を標準装備としました。

 インプレッサシリーズの価格は200万2000円(スポーツ/G4)からです。

●マツダ「CX-5」(登録車ランキング総合29位)

 マツダ「CX-5」は、同社のフラッグシップSUV「CX-8」のひとつ下の車格に位置するミドルクラスSUVです。2019年の販売台数は3万1538台となっています。

 現行モデルとなる2代目は2017年に登場。設定されるパワーユニットは、2リッターと2.5リッター、2.5リッターターボの直列4気筒ガソリンと、2.2リッターの直列4気筒ディーゼルをラインナップしています。

 年次改良でおこなわれる機能の追加も注目され、2020年1月17日に発売された改良モデルでは、内装のセンターディスプレイのサイズが7インチから8インチに大型化されました。

 CX-5の価格は261万8000円からです。

1/2ページ

最終更新:1/23(木) 20:22
くるまのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ