ここから本文です

ヘンク、重要な存在となっている日本代表FW伊東純也の買取OP行使を検討

1/23(木) 11:10配信

超WORLDサッカー!

ヘンクが日本代表FW伊東純也(26)の買取オプションを行使するつもりのようだ。ベルギー『Voetbal』が報じた。

伊東は2019年1月に柏レイソルからヘンクへとレンタル移籍。2020年6月までの1年半契約で加入した。

半年間のプレーとなった2018-19シーズンはジュピラー・プロ・リーグで4試合に出場し1ゴール1アシスト、ヨーロッパリーグで1試合、ジュピラー・リーグ・プレーオフでは9試合に出場し2ゴール1アシストを記録していた。

本格的にシーズン開幕からプレーしている今シーズンは、リーグ戦で22試合に出場し3ゴール6アシストを記録。チャンピオンズリーグでもデビューを果たし、6試合に出場していた。

ヘンクにとって重要な存在になりつつある伊東に関して、ヘンクは買取オプションを行使する以降とのこと。伊東の市場価値も加入前の200万ユーロ(約2億4400万円)から倍以上の450万ユーロ(約5億4800万円)にまで上昇している。

超WORLDサッカー!

最終更新:1/23(木) 11:10
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ