ここから本文です

【今度はグリーン系】ルノー・カングー・クルール、限定200台 これだけ違う、日仏カングー事情

1/23(木) 0:00配信

AUTOCAR JAPAN

フランス 白/銀/灰が売れ線

欧州では商用車のイメージが強いルノー・カングー。本国フランスで売れる外装色は、もっぱらホワイト、シルバー、グレー、ブラックが上位4色を占める。

【写真】カングーと市場を争うか? ベルランゴ/リフター PSAの対抗馬【実車】 (85枚)

しかし、ここは日本。特別な色で毎回ファンを楽しませてくれる限定車「ルノー・カングー・クルール」の新しいモデルが登場した。今回はグリーン系である。

フランスの田園風景を想わせるブーケスタイル「シャンペトルブーケ」の爽やかな緑をイメージしたというこの色。

シャンペトルとは、「田園風」「田舎風」の意味を持つフランス語。ハーブをふんだんに使い、草原から摘んできたようなアロマが特徴のブーケを、今回の外装色(ヴェール シャンペトル)のテーマに選んだわけだ。

予約受付 1/23~2/2のみ

新たなカングー・クルールは、その専用ボディカラーに加え、ボディ同色フロントグリルブレード、ブラック・フロントバンパー、ブラック・リアバンパー、ブラック・ドアミラーを装備する。

ルノー本国の関係者が来日すると、イエロー、パープル、ブルー、ピンクという鮮やかなカングーを目にして驚くという。

今回の限定車は、販売台数200台。ルノー日本法人は、本日から2月2日まで申込みを受付け、申込みが販売台数を上回った場合は抽選販売になると、予め発表している。

AUTOCAR JAPAN

最終更新:1/23(木) 0:00
AUTOCAR JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ