ここから本文です

鷹・松田宣、3年超の長期契約断った 自ら短い2年を選んだワケ「この2年が大事だなと」

1/23(木) 17:03配信

Full-Count

年俸4億5000万円の2年契約でサイン「2年できれば、次の2年もできる」

 ソフトバンクの松田宣浩内野手が23日、ヤフオクドーム内の球団事務所で契約更改交渉を行い、昨季の4億円から5000万円増の年俸4億5000万円で新たに2年契約を結んだ。昨季が4年契約の最終年だった松田宣だが、新たに2021年までの複数年契約となった。(金額は推定)

【写真】「髪型も一緒」「2人とも男前」鷹・松田宣が公開した双子の兄・教明さんとの貴重な2ショット写真

「新たに2年契約を結ばせていただいて、もう1度、この2年やってやるぞという気持ちになりました」と、気持ちを新たにした松田宣。最終的には5000万円増での2年契約となったが、球団からは契約年数が異なる複数のパターンでの条件提示があったいう。

 その中には2年を上回る長期契約もあったが、松田宣自身が短い2年を選択。「この2年をやれないとその先もない。違う案もあったんですけど。自分の力を出せないなと。2年やって3年目、4年目へと繋がる。より長いのもありましたけど、1年の勝負。自分の中でこの2年が大事だな、と。2年できれば、次の2年もできる」と、その心中を語っていた。

福谷佑介 / Yusuke Fukutani

最終更新:1/30(木) 20:30
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事