ここから本文です

アピタ砺波6月に新業態に ドンキ・ユニー複合店

1/23(木) 1:08配信

北國新聞社

 ディスカウント店「ドン・キホーテ」を展開するパン・パシフィック・インターナショナルホールディングス(PPIH、東京)は22日、砺波市の総合スーパー「アピタ砺波」を「ドン・キホーテ」と「ユニー」の要素を併せ持つ新業態店として6月下旬にリニューアルオープンすると発表した。

 北陸では福井市のアピタ福井を昨年12月に一新、魚津市のアピタ魚津を4月中旬に転換する計画で、砺波は3店目となる。いずれも「ドン・キホーテ」の店づくりのノウハウが反映される。

 PPIHは全国のアピタとピアゴ計約100店を業態転換する方針で、約30店でリニューアルを終えている。石川県内ではアピタ、ピアゴ計4店が営業しているが、22日までに発表された転換店には含まれていない。広報担当者は「個別の店の検討状況は言えない」と話した。

北國新聞社

最終更新:1/23(木) 1:08
北國新聞社

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事