ここから本文です

レアルが獲得したブラジルの新たな“至宝”…ヘイニエルってどんな選手?

1/23(木) 21:00配信

SOCCER KING

 レアル・マドリードは20日、フラメンゴに所属するU-23ブラジル代表MFヘイニエルの獲得を発表した。契約期間は2026年6月末までの6年半で、推定移籍金は3000万ユーロ(約37億円)。バルセロナやマンチェスター・C、パリ・サンジェルマンなどとの争奪戦を制してレアル入りが決まった同選手だが、一体どんなプレーヤーなのか。スペイン紙『マルカ』や『アス』の報道をもとに、ヘイニエルについて知っておきたい7つの情報をまとめてみた。



※日本円は1月22日時点のレートで換算

1. 久保建英と同学年

ヘイニエルは、日韓ワールドカップが開催された2002年生まれ(1月19日)の18歳。日本では高校3年生にあたり、2001年6月4日生まれの久保建英とは同学年になる。当面はBチームにあたるレアル・マドリード・カスティージャでプレーする予定だが、マジョルカにレンタル移籍中の久保にとっては、来季のトップチーム昇格を争う強力なライバルとなりそうだ。

2. 17歳でデビュー

フットサルの元選手であった父親のもと、ブラジルの首都ブラジリアで生まれたヘイニエル。ヴァスコ・ダ・ガマ、ボタフォゴ、フルミネンセの下部組織を経て、2017年からフラメンゴのU-20チームに加入した。すると、昨年7月のコパ・リベルタドーレスでデビュー。南米王者に輝いたチームの一員として、昨年末に開催されたクラブ・ワールドカップにも参加している(出場機会なし)。また、2019年のリーグ戦では14試合に出場して6ゴールを記録。コパ・リベルタドーレスとの二冠を達成にも貢献した。

3. 過去にレアルと対戦

晴れてレアルの一員となるヘイニエルだが、フラメンゴ時代にレアルと対戦した過去を持つ。2018年にドバイで行われたU-16世代の国際大会に参加すると、決勝で相まみえたのがレアルだった。ヘイニエルはこの試合で1アシストを記録するなど、随所に光るプレーを見せて優勝に貢献。大会得点王(9ゴール)にも輝いた。レアルはこのパフォーマンスを目の当たりにし、ヘイニエル獲得を決めたとも言われている。

1/2ページ

最終更新:1/23(木) 21:00
SOCCER KING

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ