ここから本文です

新型GRヤリス、Web先行予約2週間で約2000台の予約を獲得

1/23(木) 14:38配信

carview!

1月10日に開幕した東京オートサロンで世界初公開され、Webで先行予約を開始したトヨタのFIA世界ラリー選手権(以下、WRC)用のベースモデル「GRヤリス」の特別仕様車の予約台数が2000台を突破しました。

【写真をもっと見る(22枚)】

東京オートサロン開催期間中の3日間でその半分の約1000台、1月23日(木)の時点で約2000台の予約を獲得したそうです。Web先行予約を行っているのは、GRヤリスの特別仕様車 RZ“First Edition”とRZ“High-performance・First Edition”の2タイプで、よりハードな仕様のRZ“High-performance・First Edition”が予約の約80%を占めているそうです。

ちなみにRZ“First Edition”は396万円(税込)、RZ“High performance・First Edition”は456万円(税込)というプライスタグがついていますが、TNGA思想に基づいたスポーツ4WDプラットフォームやスポーツ4WDシステム「GR-FOUR」の採用、アルミ素材のエンジンフードやCFRP(カーボン)素材のルーフパネル、272psを発揮する1.6リッター3気筒ターボエンジンと6速マニュアルトランスミッションの採用など、スペックを考えればバーゲンプライスとも言える内容となっています。

GRヤリス特別仕様車について特に限定数などは設けられていませんが、先行予約期間は6月30日の23時59分までとなっており、7月中に商談開始、成約後は予約順に優先的に生産する予定。GRヤリスの生産はこれまで多くのスポーツモデルを製造していた元町工場の専用ラインを使用して、「匠」の技能を有する従業員が組み立てる計画なので、予約の時期によっては手元に来るまでにはそれなりの時間がかかりそうな気配です。

なお、GRヤリスは、2月14日(金)~16日(日)に大阪市のインテックス大阪で開催される大阪オートメッセ2020に、エモーショナルレッドIIのGRヤリスの特別仕様車 RZ“High-performance・First Edition”(オプション装着車)を出展予定とのことです。

株式会社カービュー

最終更新:1/23(木) 14:38
carview!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ