ここから本文です

決定打を欠いたマンU、バーンリーに完封負け喫し今季初2連敗

1/23(木) 7:09配信

ゲキサカ

[1.22 プレミア第24節 マンチェスター・U 0-2 バーンリー]

 プレミアリーグは22日、第24節が行われた。マンチェスター・ユナイテッドは本拠地オールド・トラッフォードでバーンリーと対戦し、0-2で敗れた。

 19日にアウェーでリバプールに完封負けを喫したユナイテッドは先発2人を変更。DFルーク・ショーとDFビクトル・リンデレフに代えて、DFフィル・ジョーンズとMFフアン・マタを起用した。対するバーンリーは前節、3位レスター・シティを下して連敗をストップ。先発1人を入れ替え、DFフィル・バーズリーに代わってDFマシュー・ロートンが起用された。

 バーンリーの前線からのアグレッシブなチェイスに苦しんだユナイテッドは、足もとの技術が高いMFネマニャ・マティッチやマタらがプレスをいなして前進。PA手前から果敢にシュートを打ち込んでいくが、しっかり戻ってブロックを敷いたバーンリーの守備を崩し切ることができない。前半33分には、素早い展開から右のDFアーロン・ワン・ビサカがダイレクトで折り返し、FWアントニー・マルシャルが左足を伸ばしたが、ミートできずチャンスを逃した。

 すると、バーンリーがセットプレーからゴールネットを揺らす。前半39分、センターサークル内でFKを獲得し、一気にPA内へ放り込むと、DFベン・ミーが頭でつないだボールをエースFWクリス・ウッドが左足で沈め、劣勢だったバーンリーが先制に成功した。

 1点ビハインドで後半を迎えたユナイテッドは、MFアンドレアス・ペレイラに代えてFWメイソン・グリーンウッドを投入。まずは同点を目指した。しかし、ボールを支配しながらも得点できずにいると、12分に追加点を許してしまう。バーンリーはウッドとのワンツーからPA左に侵入したFWジェイ・ロドリゲスが左足を一閃。ニア上に突き刺し、2-0とリードを広げた。

 ユナイテッドは後半23分にペナルティーアーク内でFKを獲得し、マタが左足で狙うもわずかにクロスバーの上。直後にDFブランドン・ウィリアムズとMFダニエル・ジェームズを下げ、MFジェシー・リンガードとショーを投入し、攻勢を強めたが、DFジェームス・ターコウスキーとベン・ミーを中心にゴール前を固めたバーンリーから最後まで得点を奪えなかった。

 後半45分にショーがヘディングシュートを決めたが、シュート時にファウルがあったとして得点は認められず。試合は0-2のままタイムアップを迎え、ユナイテッドは今季初のリーグ戦2連敗を喫した。

最終更新:1/23(木) 7:11
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事