ここから本文です

2019年度国公立大学医学部<前期>受験者数ランキング…鹿児島大で1.5倍の伸び

1/24(金) 8:15配信

リセマム

 東大螢雪会より提供の2019年度国公立大学医学部入試結果によると、前期入試の受験者数がもっとも多かったのは広島大学で545人。2位は弘前大学で457人、3位の信州大学は444人であった。

国公立大学医学部前期入試伸び率TOP10

2019年度医学部入試受験者数
ランキング
 20位までのランキングは以下のとおり。

2019年度国公立大学医学部前期入試
受験者数ランキングTOP20
1位 広島大学 545人
2位 弘前大学 457人
3位 信州大学 444人
4位 鳥取大学 396人
5位 滋賀医科大学 380人
6位 熊本大学359人
7位 九州大学342人
8位 長崎大学340人
9位 旭川医科大学 331人
10位 東京大学331人
11位 島根大学327人
12位 鹿児島大学 326人
13位 琉球大学 323人
14位 東京医科歯科大学 310人
15位 東北大学 306人
16位 福島県立医科大学 306人
17位 岡山大学 293人
18位 新潟大学 291人
19位 千葉大学 283人
20位 北海道大学 281人

3年前から受験者数が伸びたのは?
 3年前(2017年)のデータと比較して受験者数の変動を見ると、もっとも伸び率が高いのは鹿児島大学で1.495倍。九州地方の大学が多くランクインしている。2017年からの受験者数の伸び率(2019年の受験者数/2017年の受験者数)の上位10校は以下のとおり。

受験者数伸び率が高い国公立大学医学部TOP10
1位 鹿児島大学 1.495
2位 鳥取大学 1.189
3位 佐賀大学 1.151
4位 大阪大学 1.137
5位 弘前大学 1.103
6位 長崎大学 1.079
7位 名古屋大学 1.069
8位 九州大学 1.030
9位 旭川医科大学 1.027
10位 和歌山県立医科大学 1.013

 医学部は高倍率だが、受験者数の伸び率は高くなく、全体的に減少傾向にあると言える。とはいえ、難関なのが医学部受験。大学入試改革の方針が揺れ動くなか、試験日を迎える受験生が落ち着いて試験に臨めることを願う。

《リセマム 編集部》

最終更新:1/24(金) 8:15
リセマム

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事