ここから本文です

河本結が“デビュー戦”で暫定2位発進 米国のファンも魅了の初ラウンドに「ワクワクドキドキが止まらない」

1/24(金) 8:11配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<ゲインブリッジLPGAアット・ボカ・リオ 初日◇23日◇ボカ・リオGC(フロリダ州)◇6701ヤード・パー72>

河本結の「アナ雪のエルザを意識した」スカイブルーのドレス姿

名刺代わりの好プレーで、“Yui Kawamoto”の名を深く印象付けた。米ツアーデビュー戦を迎えた河本結が、ウェイティングから出場権を得た大会の初日に、5バーディ・1ボギーの「68」をマーク。慣れないバミューダ芝や、ラウンド途中に強まり始めた風にも負けず4アンダーを記録した。初日は豪雨による中断の影響で日没サスペンデッドとなったが、暫定2位タイと好発進した。

待ちに待った米国ツアー初ラウンド。晴れの舞台だが、スタートホールの1番ティから河本はリラックスムードだった。「朝から全然緊張しなかった。日本のツアーよりも楽な気持ちで、ビックリしました!」。あまりにも自然体でいられたことに、本人も目を丸くするほどだ。

そして、これがスコアにもいい形で表れる。1番パー5で、残り68ヤードの三打目を1mに寄せて、おはようバーディをゲット。続く2番はラフからのセカンドをグリーン手前のバンカーに入れボギーとしたが、「試合になって初めてのラフからのショット。練習ラウンドでは感じられなかったことを、すぐに試合で味わえた。このボギーが、その後につながりました」とポジティブにとらえると、続く3番、4番で連続バーディを奪った。

後半に向かうにつれ、徐々に風が強まる。それでも安定したゴルフは変わらず、グリーンに乗せて、きっちり2パットで決める危なげないプレーで10番から4つのパーを並べた。14番でバーディを奪った後、16番パー5では15mからのバーディパットが3mほどオーバーするピンチも迎えたが、「チャンスのパー5をボギーにすると、明日に向けて流れが悪くなると思った。きょう一番集中しました」とここでナイスパーセーブ。力強いガッツポーズが飛び出した。

この日のプレーは終始自然体のプレーを貫いたが、やはりそこは異国の地とあって不安もあった。「コースに来ると自分のゴルフに集中できるので、(日本と)あまり変わらないですが、環境も違うし、聞こえてくる言葉も全然違う。(米ツアーの)新人セミナーの時には、それが呪文のように聞こえてつらかったです」。そんな戸惑いを感じていたことも事実だ。

だがこの状況でも、持ち前の“ガッツ”は変わらなかった。今では「なんとなくうまくジェスチャーで乗り切れるようになりました(笑)。アメリカの雰囲気は自分に合っている気がする。ノープロブレムの精神でいけていますね」と適応度を高め、最初のカベも乗り越えつつある。

「日本では味わえないことをたくさんできている。すごく新鮮で、楽しいが止まらないですね」。その表情に暗さなど一切ない。ラウンド後には練習場でクラブを振る河本に、 ギャラリーが声をかけサインや写真撮影をねだるシーンも見られるなど、一日で米国ファンのハートもつかんだ。

「2日目は午後スタート。風も強いので、うまくボールをコントロールしたい。風と友達になれればと思います」。一昨年にプロテストに合格し、ツアー本格参戦のその年にいきなりステップ・アップ・ツアー賞金女王に輝いた。昨年はレギュラーツアー1年目で初優勝も遂げるなど、大きく飛躍。そして今年は米ツアー参戦と、ものすごい速度で海外までたどりついた。2日目、3日目、そして最終日と、日本のルーキーの“注目度”がさらに高まるような活躍を期待したい。(文・間宮輝憲)


(撮影:岩本芳弘)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:1/24(金) 11:54
ゴルフ情報ALBA.Net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事