ここから本文です

インド南部に生産拠点を建設し、電設資材の旺盛な需要に対応

1/24(金) 7:05配信

MONOist

 パナソニックは2019年12月17日、パナソニック ライフソリューションズ インドがインド南部のスリシティ工業団地(アンドラ・プラデーシュ州)に新工場を建設すると発表した。投資金額は29億4600万ルピー(約46億円)で、2021年10月の稼働を目指す。

新工場の全体イメージ(クリックで拡大) 出典:パナソニック

 新工場の土地面積は13万3546m2、建物の延床面積は3万5000m2で、配線器具や電線、ブレーカーなどを製造する。2021年度には従業員数が約600人、1カ月当たりの生産能力は860万個になる見込みだ。

 経済成長が目覚ましいインドでは、今後も中間層を中心に人口が大きく増加するとみられる。そのためビルやマンションなどの建設が進んでおり、電設資材のニーズが増えている。

 同社は、電設資材の生産拠点として、インド北部にハリドア工場、西部にダマン工場、カッチ工場を有している。これまでインド南部には拠点がなかったが、購買力が強く、今後の成長が期待される南部に新工場を建設することで、アクセスの強化を図る。

MONOist

最終更新:1/24(金) 7:05
MONOist

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事