ここから本文です

今季初戦で好発進の横峯さくら 契約フリーからキャロウェイ契約へ、その利点は?

1/24(金) 15:00配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<ゲインブリッジLPGAアット・ボカ・リオ 初日◇23日◇ボカ・リオGC(フロリダ州)◇6701ヤード・パー72>

横峯さくらの開幕戦クラブセッティングを激写【写真】

今季初戦を迎えた横峯さくらが、3バーディ・1ボギーの2アンダー・暫定8位で初日の競技を終えた。オフにはキャロウェイと用具契約を結び、気持ちもキャディバッグの中身も心機一転。悲願の米ツアー初優勝に向けた戦いが今年も始まった。

「きょうはミスも少なかったし、ロングパットも3パットせずにできたのがスコアにつながった」と、上々の滑り出しを見せた横峯。その真新しいキャップを見ると、昨年まではなかった『Callaway』のロゴが掲げられている。2019年のいまごろは契約フリー選手として開幕を迎えていたが、今年また契約選手としてプレーすることを決めた。「クラブが気に入ったというのはもちろんですが、私自身すごく“チーム・キャロウェイ”になりたいという気持ちがあった。キャロウェイさんもそう思っていてくれたのがうれしいし、チームという形でできるのが素晴らしいなと思いました」。これがそこに至るまでの心境だ。

“契約選手”と“契約フリー”。その両方の立場を知っている横峯だからこそ感じる、フリーの難しさや、契約を結ぶことの利点はどこにあるのか? それを聞いてみると、明確な答えが返ってきた。「フリーになりたての時は、クラブを自分で買っていて、労力や経費も増えてしまった。だんだんと選ぶクラブも絞られてきてしまう。ただそれもあるけれど、やっぱり契約を結ぶことで、同じ方向を向いて頑張ろうという雰囲気が出るのは心強いですね」。フェードボールにこだわりをもつ横峯が「打ちたい球」を実現するために、クラブ面で一緒に動いてくれる人がいるということに大きな意味を見出している。

ゴルフは個人競技で、「コースに出れば一人」ということは重々理解している。だが「契約フリーを経験して、その前の下準備がすごく大事だということを改めて感じた」。納得した状態で試合に向かうために望んだチーム入りだった。今大会ではドライバー、スプーンに同社の最新クラブ『マーベリック』シリーズを使うが、これも「まだ1週間しか打っていません。開幕に間に合うと思わなくて」というが、限られた時間のなかで試合で使えるまでに、きっちりと仕上がった。

「米ツアーも6年目なので、今年こそは勝ちたいですね。日本ツアーもスポットで出させていただくなかで優勝を目標に頑張りたい」。新たなクラブ、そして新たな仲間とともに横峯の新シーズンがスタートした。(文・間宮輝憲)

【横峯さくらの使用ギア】
1W:キャロウェイ・マーベリック MAX◆(9.0°)
(プロジェクトX イーブンフロウ)
3W:キャロウェイ・マーベリック SUB ZERO(15°)
5W:キャロウェイ・エピック フラッシュ SUB ZERO(18°)
4UT:キャロウェイ・エピック フラッシュ STAR
6UT:キャロウェイ・エピック フラッシュ STAR
6~PW:キャロウェイ・エピック フォージド STAR
50°、54°:キャロウェイ・JAWS
60°:キャロウェイ・MACK DADDY FORGED
PT:オデッセイ・ストロークラボ BIRD OF PREY
B:キャロウェイ・クロム ソフト X

<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:1/24(金) 15:00
ゴルフ情報ALBA.Net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ