ここから本文です

<みのもんた>「秘密のケンミンSHOW」勇退 読テレ社長「ファンとして大変残念だが新体制に期待」

1/24(金) 20:16配信

MANTANWEB

 タレントのみのもんたさんが人気バラエティー番組「カミングアウトバラエティ!!秘密のケンミンSHOW」(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜午後9時)のMCを勇退することについて1月24日、読売テレビ(大阪市中央区)で行われた社長会見で、大橋善光社長は「みのさんの大ファンだから個人としては番組からいなくなることは大変残念だが、新しい体制に大いに期待している」と述べた。

【写真特集】みのもんたが暴露 生放送番組で始末書書かされた

 大橋社長は「高校生のときにラジオの深夜放送にどっぷりつかっていた。一番聴いていたのはみのさん、土居まさるさん、落合恵子さんが出演していた文化放送の『セイ!ヤング』。はがきも書いて、2、3回採用された。みのさんの大ファンだった」と青春時代の思い出を語り、これまでの「秘密のケンミンSHOW」については、「一つ一つの発言はかなりとんがっているけれど、盛り上がったところに日に焼けたえびす様のようなみのさんの顔が映ると、丸く収まる。あの人がいたお陰で番組が和やかになった」と振り返った。

 みのさんに代わり、お笑いコンビ「爆笑問題」の田中裕二さんが、久本雅美さんと共にMCを担当。MCの交代に伴い、番組は4月からタイトルを「秘密のケンミンSHOW 極」としてリニューアルし、地方情報を番組独自の切り口で新発見・再発見する「地方創生ディスカバリー・エンターテインメント」にシフトチェンジする。

 番組内容は、地方から東京に出てきて「理解できない」「困ったこと」をインタビューで取材する「ケンミンの主張!東京どないやねん!?」、日本各地の道の駅をバイクツーリングで訪れる「道の駅ライダー」といった新コーナー企画や、出演者がスタジオを飛び出すロケ企画などを展開する。

 新体制について大橋社長は「新たな番組は現状に満足しないでさらにパワーアップするよう期待している」とし、新MCの田中さんについては「爆笑問題も好きなコンビ。田中さんははじめは受け身的な人かと思ったが、情報を発信できる人。好感度もどこの世代からも高い。鋭い視線で物事を見ていて、一方でマイルドで、人当たりもよく、何かあったときにフォローもでき、真意も伝わる。ファンの一人として大いに期待しています」と期待を寄せていた。

最終更新:1/24(金) 20:58
MANTANWEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事