ここから本文です

周南に「フジ桜馬場店」 昼食需要に対応、単身者や働く母親に「時短商品」提供

1/24(金) 20:52配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 スーパーマーケット「フジ桜馬場店」(周南市桜馬場通3、TEL 0834-34-0111)が1月25日、周南市桜馬場通にオープンする。(周南経済新聞)

ハンバーグやグリルチキンなどが並ぶ「時短商品」コーナー

 運営は、愛媛県など中国・四国地方を中心に96店展開する「フジ」(愛媛県松山市)。県内では、「フジ」「フジグラン」の店名で山口市、岩国市に10店舗展開。周南市内では「新南陽店」に続き2店舗目の出店となる。

 場所は、交通量の多い県道347号線沿いのホテル「ザ・グラマシー」跡地。延べ床面積、2,437平方メートルの鉄骨造平屋一部2階建てで、駐車場は74台を備える。店内では、食料品をはじめ、日用品や家庭用品など生活必需品をそろえるほか、オフィスワーカーの需要を見込み、弁当やお好み焼きなどの総菜も販売。テナントとして、ベーカリー店「パリクロアッサン」、クリーニング店「周南クリーニング」が出店する。

 総合企画部の本川尚美さんによると、商圏内の人口は微増傾向にあり、中でも単身世帯の割合が約50%と最も高いという。「近隣に小・中学校などの教育機関も多いため、単身者や働くお母さんの利便性を考え、半調理品やフリーズドライ商品などの、時短商品の充実に力を入れた」と話す。

 店内入り口付近には、カウンター席やテーブル席計21席のレストスペースを設置。買った商品をその場で食べたり、セルフコーヒー(100円)を楽しんだりできる。Wi-Fiも備える。

 販売各所に「呼び出しボタン」を設置し、鮮魚の調理加工、商品の場所の案内や在庫確認などを従業員に確認することもできる。

 本川さんは「皆さまに普段使いしてもらえるスーパーを目指し、総菜や弁当をはじめ、簡単に調理できる時短料理など魅力的な商品をそろえているので、気軽に足を運んでいただけたら」と呼び掛ける。

 営業時間は9時~22時。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:1/24(金) 20:52
みんなの経済新聞ネットワーク

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事