ここから本文です

ダンス×異形の人形、日本・デンマーク共同制作の音楽劇「CORPO SURREAL」

1/24(金) 14:28配信

ステージナタリー

ANTIBODIES Collective×Sew Flunk Fury Wit「CORPO SURREAL」が、2月23・24日に東京・スパイラルホール、28・29日に京都・ロームシアター京都 ノースホールで上演される。

これは東野祥子とカジワラトシオが率いるANTIBODIES Collectiveと、デンマークのネオ・パペットリーカンパニーSew Flunk Fury Witがコラボレートする音楽劇。劇中では、ダンサーと“異形の人形”たちが詩的な世界に観客を誘うダークファンタジーが展開する。

コンセプト・人形製作・パフォーマンスをスベンド・E・クリステンセン、演出をジェスパー・ぺダーセン、振付・ダンスを東野、歌をアイスランドのオペラ歌手イザベラ・レイフドッティア、音楽をメキシコの作曲家マルコフ・コロナとカジワラが担当する。

なお本作は2月にデンマーク・オーフス、コペンハーゲンで上演されるほか、4月にはエジプト・カイロ、5月にデンマーク・オデンセでの公演が予定されている。

■ ANTIBODIES Collective×Sew Flunk Fury Wit「CORPO SURREAL」
2020年2月23日(日・祝)・24日(月・振休)
東京都 スパイラルホール

2020年2月28日(金)・29日(土)
京都府 ロームシアター京都 ノースホール

コンセプト・人形製作・パフォーマンス:スベンド・E・クリステンセン
演出:ジェスパー・ぺダーセン
振付・出演:東野祥子
歌:イザベラ・レイフドッティア
音楽:マルコフ・コロナ、カジワラトシオ

最終更新:1/24(金) 14:28
ステージナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事