ここから本文です

フォワード新連載「中央線沿線少女」、表紙には1巻発売決定の「SA07」登場

1/24(金) 18:16配信

コミックナタリー

riokaの新連載「中央線沿線少女」が、本日1月24日発売のまんがタイムきららフォワード3月号(芳文社)でスタートした。

【写真】「中央線沿線少女」第1話より。(メディアギャラリー他8件)

「中央線沿線少女」は、中央線の各駅と少女を題材にした物語。第1回では吉祥寺を舞台に、花屋で働く店員の女子と、近くの中学校に通う男子の出会いから始まるラブストーリーを展開している。また今号にて霜月絹鯊「となりの柏木さん after days」は最終回を迎えた。単行本は3月12日に1・2巻が同時発売される。

そのほかまんがタイムきららフォワード3月号では、表紙に津留崎優「SA07」が登場。同作は専門学校を舞台に、承認欲求が強く他人からチヤホヤされたいという理由で絵を描く女子・茉愛(まちか)が、個性豊かな同級生たちとクリエイターを目指して勉強に励むコメディだ。単行本1巻が2月12日に発売決定し、その書影も本日初公開された。

最終更新:1/24(金) 18:16
コミックナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事