ここから本文です

前田敦子、出産後初の主演ドラマ完成 夫・勝地涼の協力に感謝

1/24(金) 12:00配信

オリコン

 女優の前田敦子が24日、東京・渋谷のNHKで自身が主演するよるドラ『伝説のお母さん』(2月1日スタート、毎週土曜 後11:30~11:59、全8回)の第1話試写会に出席した。昨年3月に第1子となる男児を出産後、初の主演ドラマの撮影に挑み、「試行錯誤がたくさんあった」と述懐。夫は俳優の勝地涼。「同じ職業ということもあって、(子育てに)協力的に参加してくれて。私よりも今、得意なんじゃないかなというくらいやってくれたので、それに改めて感謝ですね。(劇中の夫)モブくんとはそこが対照的で、とても救いでした」と笑顔で明かした。

【全体ショット】個性的なワンピース姿で登場した前田敦子

 同ドラマは、かねもと氏の同名漫画が原作。物語の主人公は、ロールプレイングゲーム(RPG)の世界に生きる伝説の魔法使い・メイ(前田)。封印したはずの魔王の復活により、生後8ヶ月の子どもを抱えながら、魔王討伐の冒険に出かける。待機児童にワンオペ育児…“無理ゲー”な問題山積みの子育てを“ファンタジーなのにリアル”に描く。

 撮影では、生後8ヶ月のさっちゃん(さつき)役の赤ちゃん(岡部明花俐・光花俐)を抱っこし、家に帰れば同じ月齢の我が子を抱っこし、「不思議な体験をさせていただいた」と話していた。

 会見には、メイの夫モブ役の玉置玲央、国王役の大倉孝二、魔王役の大地真央が出席した。

最終更新:1/26(日) 10:25
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事