ここから本文です

ベズビオ山噴火の犠牲者から黒い「石」、正体は破裂した脳 研究

1/24(金) 12:12配信

AFPBB News

(c)AFPBB News

【1月24日 AFP】イタリアの古代ローマ都市ポンペイ(Pompeii)の近くのヘルクラネウム(Herculaneum)遺跡で数年前に発見された、黒く、つやのある石のような物体が、西暦79年に起きたベズビオ火山(Mount Vesuvius)噴火の犠牲者の脳の一部であることがこのほど判明した。詳細を記載した論文が23日、米医学誌「ニューイングランド医学ジャーナル(New England Journal of Medicine)」に掲載された。研究者らは、今回の成果は考古学では極めて希少な事例であり「センセーショナルだ」と評している。

 イタリア南部のベズビオ火山の噴火時に放出された火山灰、溶岩、有毒ガスなどによって逃げ場を失った人々の遺体を長年調査してきた研究チームは、犠牲者の頭蓋骨の内部に特異なガラス状の物質を見つけ、これに興味を抱いた。

 研究チームの一人、ピエル・パオロ・ペトローネ(Pier Paolo Petrone)氏は、AFPの取材に「2018年10月、こうした遺体を調査した際、砕けた頭蓋骨の中に何か光るものが見えた」と発見した当時について語った。

 伊フェデリコ2世ナポリ大学(University of Naples Federico II)の法人類学者であるペトローネ氏は、この物質が「人間の脳に違いないと思っていた」と話す。

 イタリア・ナポリ(Naples)にある先進バイオテクノロジー研究センター「CEINGE」のピエロ・プッチ(Piero Pucci)氏が分析を行った結果、この物質に毛髪と脳組織に由来する微量のタンパク質と脂肪酸が含まれていることが分かった。

 ベズビオ火山が噴火した当時、ギリシャ神話の英雄ヘラクレス(Hercules)にちなんで命名されたヘルクラネウムは、ポンペイの北西に位置する富裕層に人気のリゾート都市だった。そして、すべてが溶岩に覆われてしまったことにより有機物質の残留物が固化し、そのまま保存されることとなった。溶岩は地上16メートルの高さにまで達していたという。

 今回の発見をめぐって注目された頭蓋骨は、初代ローマ皇帝アウグストゥス(Augustus)を崇拝するための施設「アウグストゥスのコレギウム(College of the Augustales)」の管理人のものだったと考えられている。この男性の炭化した遺体は、宿舎内の木製のベッドに横たわった状態で1960年代に発見された。

 研究チームは、噴火で放出された高温ガスによる熱が520度まで上昇したと推測している。これは、体内の脂肪を発火させ、軟組織を蒸発させるのに十分な高温だ。また、その後に起きた温度の急速な降下によって、遺体の一部ではガラス質への変化が促進されたと考えられるが、この温度降下現象についてはまだほとんど解明されていない。

 今回の発見は、ヘルクラネウム保存プロジェクトの責任者、CEINGE研究センター、フェデリコ2世・ナポリ大と英ケンブリッジ大学(University of Cambridge)の研究者らによる共同研究の成果だ。

 映像は、石のような物体とその発見場所のほかヘルクラネウム遺跡全体。同遺跡及びペトローネ氏提供。(c)AFPBB News

最終更新:1/24(金) 12:42
AFPBB News

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ