ここから本文です

【前編】英国王室が守らなければならない厳しいルール

1/24(金) 23:50配信

ELLEgirl

英国王室には数えられないほどのルールが存在する。絶対的存在であるエリザベス女王を中心とした、厳しくてちょっと不思議な英国ロイヤルファミリーの伝統的ルールを一挙にご紹介。

【写真】英国王室に受け継がれるティアラ17

女王が立った時は、みんなも立つという合図

女王が立ち上がったらそれに続いて立つのが、王家のしきたり。

女王が食事を終えたら、みんなの食事も終了

一族の食事では、女王が最後のひと口を食べ終えた後は、たとえ残っていたとしても食べ続けてはいけない。

お辞儀の仕方は男女別

王室儀礼に従い、女王への挨拶は、男性は首を曲げるように、女性は膝を曲げて跪礼(きれい)をして敬意を表す。

結婚後は新しい名前に

王室メンバーは結婚すると、新しい名前に変わる。ちなみにウィリアム王子は結婚とともにケンブリッジ公位を得た。

海外訪問の際には携帯機器を持ち歩かない

ロイヤルファミリーは公務で出かけている間は基本的に携帯電話を使用することはおろか、手をつなぐことさえも控えている。これは禁止事項ではなく、王族としての意識の高さからだそう。

プロポーズをする前に、女王の承認を得なければならない

1772年に発令された王室結婚令によると、王族の中でも上位のメンバーは結婚を決める前に、必ず女王から許可をもらわなければいけない。

結婚式のティアラは女王が決める

ロイヤルファミリーだからといって、好きなティアラを身に着けられるわけではない。結婚式が行われる際、花嫁のティアラの決定権を持つのは女王なのだ。

ロイヤル・ウェディングのブーケにはギンバイカが必須

英国王室のみならず国を挙げて見届ける王族の結婚式にも、昔からのしきたりがある。花嫁が持つブーケには必ずギンバイカを入れるのだそう。

(Translation: Ai Ono from:Harper's BAZAAR)

最終更新:1/27(月) 17:43
ELLEgirl

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ