ここから本文です

巨人坂本にとって2000安打も守備の偉業も当たり前!?「けがせずに試合に出られれば、今季中に達成する数字」

1/24(金) 5:00配信

中日スポーツ

 巨人の坂本勇人内野手(31)が23日、川崎市のジャイアンツ球場で自主トレした。今季は通算2000安打に加えて遊撃手としての歴代最多出場も射程圏に捉えており、注目を集めそうだ。

【写真】持久力テストを終え笑顔のロッテ・佐々木朗希

 通算2000安打にあと116安打。そんな主将は守備でも偉業を成し遂げようとしている。遊撃での出場が歴代4位の1646試合。1位は石井琢朗(現巨人コーチ)の1767試合で、あと121試合に迫っている。

 「試合数やヒット数は、あまり自分で意識してやってきたことではないので。2000安打は近づけば意識はすると思いますけど。今の段階でどうこうはないですし、けがせずに試合に出られれば、今季中に達成する数字だと思う」

 2位には前阪神の鳥谷がいるが、去就がいまだ不透明。昨季全143試合に出場した坂本が例年同様に日々奮闘すれば、トップになる可能性は高い。

 この日は守備練習や打撃練習で汗を流した。直近まで自主トレを行っていた沖縄と違い、底冷えする室内練習場にも「良い感じで動けていました。確かに寒いですけど」と笑顔。今年は東京五輪の主軸としても期待は大きい。金メダル、日本一、そして自身の記録。当たり前のように手に入れていく。

最終更新:1/24(金) 5:00
中日スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ