ここから本文です

2020ニッサンGT500ドライバー体制、注目株の千代と平峰を起用し、王座奪還なるか?

1/24(金) 18:31配信

J SPORTS

2020年のSUPER GTは例年になく動きが早い。1月10日~12日に幕張メッセで開催された東京オートサロン2020でホンダに続きニッサン陣営もGT500クラスの体制を発表した。ここ数年の流れを見ると、ニッサンは2月中旬に体制発表を行っていたが、今年は“異例”とも言える1月上旬での発表となった。

ニッサンは2020年もGT-Rをベースとした「GT-R NISMO GT500」で参戦。昨年同様に4台体制でエントリーする。1月10日に明らかにされたドライバー体制は以下の通りだ。

【2020ニッサンSUPER GT(GT500)ドライバー体制】
No.3 NDDP RACING with B-Max
平手晃平/千代勝正
No.12 IMPUL
佐々木大樹/平峰一貴
No.23 NISMO
松田次生/ロニー・クインタレッリ
No.24 KONDO RACING
高星明誠/ヤン・マーデンボロー

シーズンオフには翌シーズンの体制について様々な噂が飛び交ったニッサン陣営だが、中核どころは結局昨年と同じ体制になった。エースチームの23号車NISMOはコンビ7年目を迎える松田次生とロニー・クインタレッリのふたり。常に陣営内では頭ひとつ飛び抜ける速さを見せているが、ここ数年は満足いく結果に結びついていないのが現状。マシンが新しくなる2020年はどのような反撃を見せてくれるのか、注目だ。

近藤真彦監督率いる24号車KONDO RACINGも高星明誠とヤン・マーデンボローのコンビで体制継続。昨年は苦戦気味だった24号車だが、ヨコハマタイヤの特性を知るふたりが今年も継続して参戦するという部分を強みとして活かせられれば、上位進出も期待できそうだ。

注目なのは、ドライバー体制を変更した2台。まず3号車NDDP RACING with B-Maxはフレデリック・マコヴィッキィが離脱し、千代勝正を起用することになった。2016年にGT500デビューを果たした千代は、その初戦からライバルを追い回すようなアグレッシブな走りを披露し表彰台を獲得するレースもあった。2019年は海外のGT3レースに専念する形となり、SUPER GTレギュラー参戦の機会はなかったが、第6戦オートポリスでジェームス・ロシターが体調不良によりドクターストップがかかり、急きょ代役としてNo.12 カルソニックIMPUL GT-Rをドライブ。ぶっつけ本番だったにも関わらず、周りと比べても全く見劣りしない走りをみせるなど、流石というパフォーマンスをみせた。

1/2ページ

最終更新:1/24(金) 18:34
J SPORTS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事