ここから本文です

2020ニッサンGT500ドライバー体制、注目株の千代と平峰を起用し、王座奪還なるか?

1/24(金) 18:31配信

J SPORTS

その千代とパートナーを組む平手晃平もニッサン加入2年目に突入。昨年培った経験が活かされれば、さらなる活躍を見せることは確実。ライバルたちも一目置くようなコンビとなりそうだ。

もうひとつ注目なのが、12号車IMPULに加入した平峰一貴だ。長年GT300クラスでJLOCのランボルギーニを駆っていたが、昨年はKONDO RACINGの56号車に加入。第2戦富士ではポールポジションを獲得し、第4戦タイで2位表彰台を飾った。その他もほぼ毎戦でポイントを獲得する安定した走りをみせ、ランキング6位を手にした。

スーパー耐久でも2016年にシリーズチャンピオンを獲得したほか、昨年はGTNET MOTOR SPORTSの一員として富士24時間レースにスポット参戦。チームの総合2連覇に貢献するなど、各カテゴリーで活躍をみせている平峰。そういった実績が認められてGT500ステップアップとなった。速さと安定感が備わっている平峰と、GT500クラス7年目を迎える佐々木大樹とのコンビも非常に楽しみだ。

DTMとの技術規則統一の流れが進んだ2014年以降は2年連続でタイトルを獲得するなどライバルを圧倒する強さをみせていたニッサンだが、ここ数年は思うように勝ち星を挙げられないなど苦戦する姿が見られた。

そんな中、新型車両が導入される2020年。再び“強いGT-R”を導入することができるか……彼らの今季の戦いから目が離せない。

2/2ページ

最終更新:1/24(金) 18:34
J SPORTS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ