ここから本文です

大坂なおみ 全豪OP3回戦敗退で連覇ならず、15歳の天才少女にストレート負け<女子テニス>

1/24(金) 18:23配信

tennis365.net

全豪オープン

テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は24日、女子シングルス3回戦が行われ、2連覇を狙っていた第3シードの大坂なおみは15歳で世界ランク67位のC・ガウフ(アメリカ)に3-6, 4-6のストレートで敗れ、3年連続のベスト16進出とはならなかった。

【大坂「とてもイライラした」】

この日、大坂は昨年のウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)でベスト16へ進出、さらにレディース・リンツ(オーストリア/リンツ、室内ハード、WTAインターナショナル)でツアー初優勝を飾った天才少女のガウフに対しミスを重ねると、第8・第9ゲームを連取されて第1セットを落とす。

第2セット、第1ゲームでブレークを許した大坂は第2ゲームでブレークバックに成功。しかし、第6ゲームではミスを連発して再びサービスゲームを落とすと、その後も挽回できずに敗退した。

一方、勝利したガウフは4回戦で、第14シードのS・ケニン(アメリカ)と世界ランク35位のザン・シュアイ(中国)の勝者と対戦する。

最終更新:1/24(金) 18:58
tennis365.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事